コンタクト

アドレス(URL): http://www.menkoi-tv.co.jp/entertainment/saito/index.html

自己紹介文

       -斎藤純-
■小説家、『街もりおか』編集長、岩手町立石神の丘美術館芸術監督。
ギター好きの不良中年。ココロは「自転車少年」のままのつもり。

■身長180センチ 体重65キロ 
1957年1月5日生まれ 山羊座 岩手県盛岡市出身。

●立正大学文学部哲学科を卒業後、郷里でコピーライターをしながら、1981年に『北の文学』(岩手日報社刊)に初の短編小説「詩人たちの喧騒」を投稿し、入選を果たす。
1984年には「辛口のカクテルを」で同誌の最優秀賞を受賞。翌年、入選作などを収めた『辛口のカクテルを』を自費出版。
これが講談社の編集者の目に止まり、1988年『テニス、そして殺人者のタンゴ』(講談社)でデビュー。

●その間、1985年にFM岩手入社。ディレクターと小説家の二足のわらじを履くが、1991年から小説家として独立。

●1994年、「ル・ジタン」(双葉文庫『ル・ジタン』に収録)で第47回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。「五木寛之以来の音楽小説の傑作」(佐野洋)と評される。

●2005年、『銀輪の覇者』(早川書房)が「このミステリーがすごい 05年版」でベスト5に選出。

●美術品オークションを舞台にしたフジテレビ連続ドラマ原作『モナリザの微笑』(光文社文庫)などのハードボイルド小説、『暁のキックスタート』(廣済堂文庫)などのオートバイ小説の他、『凍樹』(講談社)、『夜の森番たち』(双葉文庫)、『二人の夏』(廣済堂文庫)などの恋愛小説も高い評価を得ている。

●1999年にはユニークな視点のノンフィクション『オートバイ・ライフ』(文春新書)を上梓、ロングセラーとなった。
『ペダリスト宣言』(NHK生活新書)は『オートバイ・ライフ』の自転車版と評判になった。

●他に『オートバイの旅は、いつもすこし寂しい』(ネコ・パブリッシング)、『銀輪に花束を』(小学館文庫)

■2011年、立正大学モラリス賞受賞。

■マヌーシュスイングジャズのバンド、ホットクラブ・オブ盛岡四重奏団メンバー(セカンドギター担当)。

■日本ペンクラブ環境委員/岩手めんこいテレビ番組審議委員/岩手ケーブルテレビジョン番組審議委員/岩手県立図書館協議委員/盛岡市自治体経営推進会議委員/萬鉄五郎記念美術館運営委員/ 日本ツーリング写真家協会顧問/盛岡広域フィルムコミッション理事

(岩手めんこいテレビ公式サイト連載中「目の耳のライディング」のプロフィールから)