« FMファン | トップページ | 走りが軽やかに »

スーパーカブの今日性

 ツーリング専門誌アウトライダーに3回(vol10~12)にわたって「イーハトーヴォをスーパーカブで味わう」を連載した。岩手のそこかしこに残る宮澤賢治の足跡(そのごく一部だが)をスーパーカブでツーリングした紀行文だ。

これに対して、「なぜ、スーパーカブなのか」という声が寄せられた。アウトライダー本誌でも触れているので重複(ちょうふく)するが、改めて「なぜ、スーパーカブなのか」を考えてみたい。

 スーパーカブが誕生したのは今から半世紀も前のことだ。その当時、日本では自動車がまだ高嶺の花だったので、それに代わる乗物としてスーパーカブは大いに人気を博した(今、アジア諸国で当時の日本と同じ現象が起きている)。
 一家族あたりの自動車保有台数が自転車の保有台数を上回った現在、もうスーパーカブの時代ではなかろうと思うのに、実際にはまだまだ売れつづけているし、「新しい」と感じさせるものも持っている。

 いったい、なぜだろうか。

 スーパーカブは基本設計や外観こそ発売当時とあまり変わってないが、実はエンジンをはじめとして各部に先進技術が導入されている。その結果、スーパーカブの実用燃費は、自動車の流れと同じように走って一リッターあたり40キロから50キロにもなる。そのうえ車検もないし、任意保険も自動車のファミリー特約に加入できるので安く上がる。基本的な整備は自転車と同じ工具を使って自分でできる。駐車場代もかからない。しかも、耐久性が高くてなかなか壊れないから、寿命がとても長い。使い捨ての大量消費社会にあって、こういう工業製品は希有である。何かひとつ手にいれるとさらに別のものを、あるいはさらに大きなものを手に入れないと気がすまない。そういう欲望が現代社会を支えているなかにあって、スーパーカブという存在それ自体が、これに対するアンチテーゼでもある。

 このようにズバ抜けて経済的でエコロジカルなスーパーカブは、きわめて現代的な乗物といっていい。役割を終えたかのように見えるスーパーカブが今も売れつづけている理由はこの経済性と質実剛健さにあるのではないだろうか。

 実用一点張りのスーパーカブだが、これで北海道ツーリングや日本一周をなしとげている人たちもたくさんいる。つまり、ちょっとした冒険にも充分に応えるだけの能力を持っている。私自身、荷物を積んで種山ケ原にキャンプに行き、「けっこうやるじゃないか」と感心した。スーパーカブと過ごしていると「足るを知る」ということを教わる。

 ところで、スーパーカブには排気量50ccの原付一種と、90ccの原付二種があり、私のは後者である。前者は普通自動車免許を持っていれば乗ることができるものの、最高速度30キロと定められているし、二車線以上の交差点では二段階に分けて右折しなければならない。一方、後者は小型自動二輪免許を必要とするが、自動車と同じ最高速度で走れるし、もちろん交差点も自動車と同じように右折できる。ただし、高速道路や自動車専用道路は通行できない。

 カタログによれば、スーパーカブ50の燃費は、始動がキックのみで3段リターン変速機のスタンダードおよびデラックスがリッターあたり130キロ。セルモーターを装備し、その分重量が増加しているにもかかわらず4段リターン変速機を持つカスタムがリッターあたり(なんと!)146キロとなっている。
 で、スーパーカブ90はセル付きもキックなしも同じで、リッターあたり60キロだ。50と90では倍以上のひらきがある(要するに90のほうが倍以上、燃費が悪いことになる)。これだけを見ると、50に比べて90はずいぶん経済性が悪い。

 ところが、カタログデータというのは、平坦なコースを加減速せずに原付一種の場合は法定速度30キロ、原付二種は同60キロの定速走行で出した数値だから実際とは隔たりがある。 私の場合、平均してリッター45キロくらい走る。知人が50に乗っていて、私の90とほぼ同じ燃費だ。

 セル無しの90を選んだのは、セル付きだとライトとウィンカーが角形になってしまうからだ。スーパーカブには丸型ライトが似合うから、見た目を優先してセルを切り捨てた(セル付きのカスタムは、角形ライトを採用することで高級感を出そうとしたようだが、逆に安っぽく見える)。
11 私はオートバイにあまり手を入れないタチなのだが、スーパーカブ乗りの先輩の薦めもあって、ライディングポジションに柔軟性があるダブルシートに交換し、ヘルメットを収容できるサイズのトップケース(GIVI製)をリアキャリアに装備した。また、レッグシールドの内側にメッシュインナーラックを付けた。これは、地図や飲み物を入れるのにとても便利で重宝している。

 納車してすぐ、盛岡市南郊の田園地帯をスーパーカブで訪れた。
 農道で地元の農家の人のスーパーカブとすれ違いざま、なんとなく頭をぺこんと下げて挨拶をした。青々とした田圃の向こうに濃い緑の紫波連山が美しい。反対側に目をやると、早池峰山の神々しい頂きが彼方にあった。
54903_1781323615 私にとってスーパーカブは懐かしい乗物でもある。十代のころ、親戚のスーパーカブに悪戯をして乗り、運転を誤って生け垣に突っ込んでしまったことが思いだされた。私は『オートバイ・ライフ』というオートバイ入門書などを書いたりしているが、原点はスーパーカブだったのだ。

追記:2007年5月惜別。

|

« FMファン | トップページ | 走りが軽やかに »

オートバイ」カテゴリの記事

スーパーカブ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

28日は実行委員、おつかれさまでした。

スーパーカブ。ちょっと憧れています。
昔、「カブちん」なんて呼んで乗っていました。
最初に乗ったのは、母の実家のある田舎の一本道。
唯一の角を曲がると、そこには巡回のおまわりさんがいました。
14才になったばかりの私は、誕生日にはいつもそうしていたようにきれいな坊ちゃん刈りだったので、挨拶を交わして通り過ぎることもままならず、捕まって裁判所に行き、こってりとしぼられました。

次は29才。3万円で中古を買いました。
もう免許保持者です。が、ステップの先が道路とこすれて斜めに削られてしまいました。
前面の風防?は、ある日、ある敷地内での酔っぱらい運転で転倒し、砕け散りました。スロットルはいつもオフか全開。燃費は60km/Lでした。
ほんとに壊れないマシンですね。
Microsoft社に教えてあげたいくらい。。。(爆)
気を付けてお乗り下さい。

投稿: kajipa | 2005年5月29日 (日) 04時55分

kajipaさん、どうもありがとう。
意外なお話ばかりでした(笑)。二輪にのると豹変する人が少なくないですが、あるいはそういうタイプかも?

投稿: 斎藤純 | 2005年5月29日 (日) 07時35分

私も丸目が好きです。あの灯油ストーブみたいな給油メーターや、右手だけでライディングに必要なスイッチを全て操作できるとか、働くバイクとしても、旅するバイクとしても、秀逸です。

カブはやっぱりウルトラGPですね。一度安さにかまけてカストロを入れてしまいましたが、カブに乗るならやっぱりホンダ純正オイル。でもサスだけは社外品ですが…(^_^;

コイツで道東のコッタロや細岡、虹別の林道をガスガス走りましたが、タイヤも無事でした。チェーンケースに傷がついちゃいましたけど…(^_^;フロントサスは流石に貧弱で、底突き(っていうのかな)しまくってました。奥東北をてれてれ旅するのもイイですね。近くがツーリングフィールドでウラヤマシイです。(^-^)

投稿: よんきち | 2005年5月30日 (月) 15時56分

よんきちさん、そうなんです。シートをあけて見る燃料計、素敵ですよね(笑)。

こいつで気ままに北海道をうろつきたいと思ったんですが、まず東北を走りまわらなきゃ。まだ県外に出ていないんですよ、このスーパーカブは。

投稿: 斎藤純 | 2005年5月30日 (月) 20時05分

50のカブと90のカブに違いが出ているのは、テストの速度が違うからで、90のカブの燃費も30キロで走れば燃費がいいのでは??

投稿: cc | 2008年9月 1日 (月) 11時21分

ccさん>おっしゃるとおりで、カタログ・データにまどわされないように、という意味で書いたのです。

90で30キロ走行すると、リッター70キロはいきます。

投稿: 斎藤純 | 2008年9月 1日 (月) 11時56分

こんにちはー
カスタムを乗っている大学生です^^
4段式だからか、L110kmぐらいです、
スタンダードにすればよかったと思ったり、
でもこの子を大切に使いたいですー
ではまたどこかで^^

投稿: ぬまぬま | 2011年4月12日 (火) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/4231876

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーカブの今日性:

» マイチェア・マイブーム 2003.5.X 初出 [仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌]
団塊の世代の人々は、とひとくくりに してはいけないのでしょうが 総じて団塊の世代... [続きを読む]

受信: 2005年6月 3日 (金) 15時35分

« FMファン | トップページ | 走りが軽やかに »