« ロックの生き証人、アル・クーパー | トップページ | センチメンタル »

福井良之介孔版画展

岩手県立美術館で開催中の福井良之介孔版画展にもう一度行きたいと思いつつ、時間をつくれずにいる。

僕は版画に対してあまりいい「観手」ではないが、福井の作品を観ているときは「版画」であることを忘れていた。そして、僕の目は喜びと切なさを受け取っていた。これは、ニコラ・ド・スタールを初めて観たときの印象に重なる(だからといって作品が似ているわけではない)。

会期は7月18日までだから、まだ時間がある。何とかしてもう一度行くつもりだ。

(「孔版画」とはガリ版として知られる「謄写版(トウシャバン)」を使った福井独自の特殊な技法)

|

« ロックの生き証人、アル・クーパー | トップページ | センチメンタル »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/4715787

この記事へのトラックバック一覧です: 福井良之介孔版画展:

« ロックの生き証人、アル・クーパー | トップページ | センチメンタル »