« 南昌山林道 | トップページ | 福井良之介孔版画展 »

ロックの生き証人、アル・クーパー

30年振りのソロ新作を発表したアル・クーパー氏がプロモーションのため来日した。

季刊『大人のロック』(日経BP社)のOさんから「会ってみませんか」というお話があったとき、「そんなおそれおおい」といったんはお断りしたが、こんな機会はもう二度とない。意を決して、お会いすることにした。

22942229_15 「気難しい方だ」という噂も耳にしていたが、実際にお会いしてみると、シャイなニューヨーカーだった。

アル・クーパーはユダヤ系だ。アルの名盤『フィルモアの奇蹟』などで有名なフィルモア・イーストとフィルモア・ウェストを経営していた故ビル・グレアムもユダヤ系だ。ジャズではブルーノート・レコードを創設したアルフレッド・ライオンがユダヤ系だし、クラシック界を牽引したレナード・バーンスタインやアイザック・スターンもユダヤ系だ。アメリカ(ひいては世界の)音楽シーンをつくったのはユダヤ系のミュージシャン(アーティスト)たちだったのではないか、と訊いたところ、「そんなことはないよ。僕が若い頃はユダヤ系とイタリア系と黒人が音楽界をリードしていた。他の人種もたくさん加わっていた。決してユダヤ系だけではなかった」とおっしゃった。つまり、その雑多な人種の混合が「アメリカ文化の象徴だ」という意味だった。

詳細は10月発売の『大人のロック』をお読みいただきたい。

|

« 南昌山林道 | トップページ | 福井良之介孔版画展 »

ロック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/4690069

この記事へのトラックバック一覧です: ロックの生き証人、アル・クーパー:

» 赤心の歌 アル・クーパー再び [鳥肌音楽 Chicken Skin Music]
本題に入る前に やったね安藤。見事な完投勝利でした。ローズを切って捨てた後のガッツ・ポーズ最高でした。 それから矢野の安藤と握手しながらの笑顔。矢野のあの笑顔が見られるたびに一歩一歩阪神は〇〇に近づいていきます。 そして今日の本命は。復活した浜ちゃん。ほんま長... [続きを読む]

受信: 2005年7月29日 (金) 01時23分

« 南昌山林道 | トップページ | 福井良之介孔版画展 »