« 福井良之介孔版画展 | トップページ | 天野滋さん、さようなら »

センチメンタル

昨日、推理作家協会主催のパーティ(第58回推理作家協会賞授賞式)があり、上京してきた(運悪く今年一番という暑さを記録した日で、新橋では子カラスが夏バテでダウンしたという)。

所用があって青山通り(国道246号)を歩いていると、突如として懐かしさに襲われた。不意をつかれた感じがした。

東京(都下)を離れ、盛岡に帰ってきて5年目に入った。この間、3カ月に2度のペースで上京している(滞在日数は一回平均2日)。だから、別に懐かしさを感じるほどのブランクは空いていない。それなのに、いったいなぜだろうか。

1988年から2001年まで13年間を、川崎市宮前区で過ごした。会社勤めだったころは、この下を通っている地下鉄半蔵門線を通勤に使っていた。週に2、3日はオートバイ通勤(スーツとビジスネシューズを会社に置いてあった)していたので、この道を通っている。そのころの断片が瞬発的に脳裏によみがえったのだ。

そのころのことを振り返ると「よく頑張ったな」と心の底から思う。よくぞ流されず(いや、ずいぶん流されたと思うけど)、そして押しつぶされずに生き抜いた、と我ながら感心して不覚にも涙が出てしまった。

そして、(盛岡の自室で)これを書いている今、窓からは爽やかな風が入ってきて、涼しいくらいだ。こんな街中でも、どこからか蛙の合唱が聞こえてくる。熱心なさんさ踊りの太鼓の練習も、どこか郷愁を誘う。

東京の雑踏も故郷も何もかもがいとしく思えてならない。つまり、俺も相当に歳をとってしまったということなのだろう。

|

« 福井良之介孔版画展 | トップページ | 天野滋さん、さようなら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/4761122

この記事へのトラックバック一覧です: センチメンタル:

« 福井良之介孔版画展 | トップページ | 天野滋さん、さようなら »