« 岩山漆芸美術館 | トップページ | 水墨画を描く »

ブルーノート再復習

ブルーノートのジャズを聴きかえしている。

ブルーノートが後世に残したレコード(アルバム)のうち、特にレコード番号が1500番台、4000番台(1600番台にいかず、いっきに4000番台に飛んだので、そのあいだにはジャズのレコードはない)のそれぞれ約100枚は名盤である。

B00016ZQPC あえて名盤と書いた。というのも、恐ろしいことに、ブルーノートのジャズには「外れ」がないのだ(さらにもちろん、「群を抜いた一枚」も多数存在する)。

私が持っているCDは(ちゃんと数えたわけではないが)、4100番台以降も含めてだいたい50枚程度。これでは「再復習」といっても、ほんの触りの勉強にしかならない。

「勉強」と書いたけれど、これが冗談として受け取りにくい世の中になってしまった。ジャズに(クラシック同様)教養音楽というレテルを貼りつける侮辱(!)がまかりとおっているのだ。ジャズの側に、それを喜んでいる人が少なくないのも困った事実だ。

私は植草甚一のジャズ本を(少し遅れたものの)オンタイムで読んだクチなので、植草甚一がそうだったように、ジャズを聴くことを「勉強」と書いてしまう。植草甚一はミステリを読むことも「勉強」と記した。私もそれにならって、仕事部屋とはいわず、勉強部屋と呼んでいる。

そういえば、8年くらい前のリイシューの際(ブルーノートは数年おきにリイシューされており、今年も大々的におこなわれている最中です)、CDのライナーノーツに「マイ・フェバリット・ブルーノート」とかいう駄文を書かせていただいた。確かハービー・ハンコックの『処女航海』を選んだような記憶がある。そのCDが、なんと見つからない(誰かにあげたような気がする)。リイシューのたびにライナーノーツは変わるので、あの文章も幻となってしまうのだろう。

今回の再復4087201635習で「おおっ、これは!」と何度も聴きかえしているのは、グラント・グリーン(G)の『サンデイ・モーニング』(4099)、、ウォルター・デイヴィス・ジュニア(P)の『デヴィス・カップ』(4018)、それにアンドリュー・ヒル(P)の『ブラック・ファイア』(4151)だ。いわゆる(誰が呼んだか)新主流派のジャズに惹かれるのは、ジャズを聴きはじめたころから一貫している。私はつくづく成長しない人間らしい。

ところで、ジャズクラブのブルーノートと、ブルーノート・レコードは関係がない(青山のブルーノートが店を閉めるそうだ。こけら落としのトニー・ベネットに行ったのがついこあいだのこのような気がする)。ちなみに、ブルーノートとはブルーズから生まれたブルーノート・スケールという音階のこと。

ジャズが熱かった時代の息吹を今も新鮮に伝える名盤の数々を、「超ブルーノート入門」(中山康樹著/集英社新書)でエピソードを読みつつ味わううちに夏の夜は更けていく。

|

« 岩山漆芸美術館 | トップページ | 水墨画を描く »

ジャズ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

純さん こんにちは。 初めまして。
私はジョン コルトレーンの「ブルーノート」が好きです。

たまたま、弟が「ブルーノート」を持っていまして、(残念ながらCDなんですけれどね)
それを聴いてからすっかりファンになってしまいました。

投稿: たかとも | 2005年8月20日 (土) 11時54分

たかともさん、どうも。
盛岡にはコルトレーンを顕彰しつづけてきたジャズバンドがあるんですよ。いつか聴きにいらしてください。

投稿: 本人 | 2005年8月20日 (土) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/5418221

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノート再復習:

« 岩山漆芸美術館 | トップページ | 水墨画を描く »