« つづれおり/キャロル・キング | トップページ | カトリーナ »

アル・クーパーとのツーショット

6月24日のブログに、アル・クーパーと会ってきたことを書いた。そのときの記事が現在発売中の「大人のロック」(日経BP社)vol.4に掲載されている。

記事を読みながら、「ああ、あれは夢なんかじゃなかったんだなあ」と妙な感慨にひたっている。 私はあの日以来、あのころのロックを聴く時間が増えた。引っ越しの際に段ボールにつめたまま「あるいはもう聴くことはないかもしれない」と思っていたCDである(残念ながらLPは再生装置を持っていない。LPもたくさんあるのだが)。

10代のころ、多大な影響を受けたアル・クーパーとの「再会」から、私はまたしても少なからぬ影響を受けているようだ(ちなみにビートルズとストーンズからは影響を受けていない)。

■岩手ジャズ愛好会の会報SWING LIFE第36号に「私が初めて買ったジャズのレコード」というエッセイを書いてます。ご笑覧いただければ幸いです。

|

« つづれおり/キャロル・キング | トップページ | カトリーナ »

ロック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

IJCの会報をリンクいただき ありがとうございます。

斎藤さまの記事、題名を勝手に変更しました。
責は私にあります、申し訳ございません。

投稿: あんべ | 2005年9月 1日 (木) 23時29分

あ、題名間違えました。「レコード」じゃなくて「アルバム」ですね。

投稿: 斎藤純 | 2005年9月 2日 (金) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/5721309

この記事へのトラックバック一覧です: アル・クーパーとのツーショット:

» 『大人のロック!』4号 [FUJIYANのカラオケ道場 あなたもなれる! 週末はビートルズ]
9月1日発売 日経BP社 本体743円 税込780円 大人のためのロック誌の第4号(2005年秋号)。第1特集のストーンズに続く第2特集はビートルズ。今回は1967年。いまやレギュラー的存在となった杉真理、松村雄策に加え、本号では伊藤銀次、サエキけんぞう、林哲司、松尾... [続きを読む]

受信: 2005年10月12日 (水) 18時14分

« つづれおり/キャロル・キング | トップページ | カトリーナ »