« ありがとうございました。 | トップページ | 知床へ »

初秋の高原を歩く

14日から八幡さんのお祭り(ネイティヴはこう呼びます)がはじまった。初日は雨だったものの、昨日今日と秋晴れに恵まれた。厳しかった残暑が去り、涼しい風が吹いている。夜は寒いくらいだった。

38546641_135 昨日は友人らと、かねてから行きたいと願っていた櫃取湿原へ。

盛岡から東へ車でおよそ40分ほど。さらに牧場を10分ほど歩いて入口に着く(案内板が出ている)。誘導する1番から40番までの立て札にそって歩くと、せせらぎにリンドウ(終わりかけていた)が咲いていた。標高1000メートルほどなのだが、やはり紅葉にはまだ早い。前夜の嵐が嘘のような素晴らしい青空の下、我々以外には誰一人いない貸し切り状態の高原でドリップコーヒーや梨などをいただく。

38546641_140 ここはかつて放牧地だったのだが、人の手の入り方が自然に対して最低限でしかない。訪れる人もそのことを理解していないと容易に破壊されてしまう。だから、下手に観光化しないで、このままひっそりさせておくのがいいように思う。

|

« ありがとうございました。 | トップページ | 知床へ »

アウトドア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

その通りですね。

某マスコミが、勝手に 100選などと宣伝した結果、心ない人々が 荒らす一方!
次世代へ残すなら、「知られない」事こそが 大事ですね。

昔は、「この人なら安心」という方にしか 教えなかった場所です。

投稿: あんべ | 2005年9月16日 (金) 23時20分

大切なのは「考えて行動するといことをちゃんと教育する」だと思いますが、マスコミは人気をあおるだけ。

あ、選挙の話じゃないですよ(笑)。

投稿: 本人 | 2005年9月17日 (土) 08時28分

良い天気で良かったですねー。
僕は、来週行う自然たんけん隊の下見で、今日は岩泉の氷渡洞に行ってきました。絶滅危惧種のカワジンジュガイの棲息を確認し、きれいな湧き水を飲み、山の香りで体を一杯にして来ました。
一緒に行った25才差の若い人たちに、林道脇にキノコがあるのを教えてやると、初めてだ、と言ってつついて遊んでいました。大学生たちは、子どもたちのためにいろんなゲームを考えているみたいだけど、これでいいんです。センスオブワンダーの世界ですね。彼らはもう大人だけど、自然に興味を持ち始めた子どものそばにいてやる大人が必要だ、という言葉にうなづいた時間でした。
帰路、釜津田への看板を見て、櫃取湿原を思い出しました。のんびりとした時間は心を豊かにさせますね。昨年ある方に誘われましたが忙しくて行けず、お断りしました。今年は誘われなかったのを残念に思っています。

投稿: kajipa | 2005年9月18日 (日) 19時55分

kajipaさん、紅葉のころに一緒に行きましょう。

投稿: 本人 | 2005年9月18日 (日) 20時06分

おはようございます。
ハイキング行きたくなりました!
身近な自然、失くしてからその大切さに気づく事が多すぎます・・・・。
当たり前のようにそこにある自然を
普通に大事にする感覚を養わないといけませんね。
「のだめ~」ようやく全巻制覇デス♪

投稿: bikki | 2005年9月22日 (木) 08時59分

bikkiさん、どうも。
知床五湖と羅臼湖をトレッキングしてきました。
岩手の自然は知床に全然負けていないと思いました(笑)。

投稿: 本人 | 2005年9月24日 (土) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/5968035

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の高原を歩く:

« ありがとうございました。 | トップページ | 知床へ »