« ニュー・シネマ・パラダイス | トップページ | ダライ・ラマの言葉 »

ナベサダさんを聴いて

渡辺貞夫コンサートに行ってきた。

今夜のナベサダさんはオリジナル曲オンリーで、パーカーものなどのダンモ(←ズージャ語)は聴けませんでした。
70歳を過ぎて、あのパワー。人を包みこむおおらかな明るさ。小沢征爾さんと同様のオーラがありますね。

最近、私は愚痴っぽくなり、不貞腐れぎみだった。映画祭~文士劇、さらには市の行財政構造改革推進委員会など本業以外のことに忙殺されつづけているせいだ。気持ちも体も休まる時間がなかった。

久々に今夜は心からくつろげた。そして、こうして一人静かに部屋で過ごしていると、どこからともなくこんな声が聴こえてきた。
グチってないで、何でもハイハイとやれよ。きっといいことあるぜ。おまえさんより大変な思いをしている人は世の中にゴマンといるんだ。自分の力を発揮したくてもできない境遇にいる人もゴマンといるんだ。おまえさんの文句は贅沢ってもんだ
私はナベサダさんの音楽からこういうメッセージを受け取った。

|

« ニュー・シネマ・パラダイス | トップページ | ダライ・ラマの言葉 »

ジャズ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕は、ナベサダさんを聴いてアルトサックスを始めました。そして、一つの楽器でこんなにいろんな音が出せる事に驚きました。
「自分の力を発揮したくてもできない境遇にいる人もゴマンといるんだ」には同感です。小さい頃から、また、故郷を離れ、青森で暮らし、一定の狭い範囲の友人たちと付き合うなかで、それを感じていました。ところが今はそれを忘れがちな自分になっていることに気づきつつ、ただひたすら走り続けています。
時間を忘れて一人になることが無いからかな。

投稿: kajipa | 2005年11月 5日 (土) 02時46分

kajipaさん、どうも。
走りつづけられるうちは走りつづける、というのもありですよね。

投稿: 本人 | 2005年11月 5日 (土) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/6896701

この記事へのトラックバック一覧です: ナベサダさんを聴いて:

» 渡辺貞夫 (Sadao Watanabe) ~ブログ内検索~ [楽しい音楽を聴く♪]
渡辺貞夫 (Sadao Watanabe) サックス奏者 渡辺貞夫(1933~)は栃木県宇都宮出身。元はクラリネット奏者。 18才の時サックスに転向し、1953年穐好敏子のコージー カルテットに参加。脚光を浴びる。1962年穐好敏子の援助 の下、ボストンのバークリー音楽院に留学。3..... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 02時49分

» Gypsy'66 (Gabor Szabo) [楽しい音楽を聴く♪]
Jazz-Guitar : ★★★★☆ Gypsy'66 革命的作品の背景にインパルスあり。 インパルスの盟友ゲイリー・マクファーランド(marinba)馴染みの アーティストを迎え、ガボール・ザボ(g)が残した1965年の録音。 その中には当時まだバークリー音楽院留学中だった渡辺貞夫(fl)..... [続きを読む]

受信: 2005年11月24日 (木) 00時58分

« ニュー・シネマ・パラダイス | トップページ | ダライ・ラマの言葉 »