« 田園ハーモニーコンサート2005を終えて | トップページ | マイナー好み »

盛岡文士劇を終えて

盛岡文士劇を無事に終えることができた。おかげさまで大盛況でした。

高橋克彦さんもおっしゃっていたが、今回の主役は土方歳三を演じた北上秋彦さんだった。悪役に徹して、迫力たっぷりだった(セリフも多かった)。悪役といえば、彫刻家(舞台美術家としても活躍されている)長内努さんが演じた裏切御免太夫もみごとだった。

31 今回は立ち回りを覚えるのが大変だったが、劇団わらび座の長掛憲司さんの手取り足取りのご指導のおかげで最終的には何とか形になった。

特に、岩手放送の瀬谷佳子アナが演じる沖田総司との果たし合い場面は、「映画Loversの雰囲気で行こうぜ」と念入りに打ち合わせをした甲斐がありました(爆)。

二日目(4日)に、歌手の弘田三枝子さんが観劇にいらした。弘田さんは4年前の盛岡文士劇に特別ゲストとして出演していただいているが、突然の来訪に克彦さんはじめ出演者一同、感激したしだい。

谷藤市長も3公演すべてに出演され、剣道六段ならではの貫祿ある立ち回りを披露してくださった。鞍馬天狗のほうが弱そうに見えたのは、ま、仕方あるまい(笑)。

この模様は1月3日午前10時からIBCテレビでオンエアされる(新春初笑い?)。

sign 岩手めんこいテレビ公式サイトに連載中「目と耳のライディング」更新しました。おでってリージョナル劇場第5回特別公演「イーハトーボの劇列車」観劇記です。

|

« 田園ハーモニーコンサート2005を終えて | トップページ | マイナー好み »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/7490023

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡文士劇を終えて:

« 田園ハーモニーコンサート2005を終えて | トップページ | マイナー好み »