« 盛岡自転車会議 その2 | トップページ | ハート・スピークスを聴く »

ソウル・アイズを聴く

B000005C9K 1950年代から活躍し、名盤をたくさん出してきたアート・ファーマーだが、どれか一枚を選ぶことになったら、「ソウル・アイズ」を選ぶと思う。アート・ファーマーがジェフ・キーザー(p)、ケニー・デイヴィス(b)、ルイス・ナッシュ(d)という(当時の)若手名手を従えたカルテットで、素晴らしいライヴ演奏を聴かせる(録音はブルーノート福岡/91年5月)。 アートは1928年に生まれ、1999年にこの世を去ったから、本CDは晩年の作品ということになる。でも、そのプレイは充分に若々しい(もともと若いときから、涸れた味わいのあるプレイヤーだった)。

アートはハードバッパーの系譜なのだが、柔らかなダークトーンとあいまって、ムード音楽といってもいい名演も数多く残している。
もともとトランペットよりもフリューゲルホーン(トランペットより大きくて、柔らかな音が出る)をよく吹いていたが、このライヴではモネ製のフランペット(フリューゲルホーンとトランペットを合体させた特製楽器)を使って、独自のサウンドを出している。

私はフランペットを使うようになってからの(したがって90年代の)アートの演奏が好きだ(フリューゲルホーン時代は、音程の怪しい演奏があったし)。この人が吹くとメジャー(長調)の曲もマイナー(短調)に聴こえるようなところがあって、何とも言えず切ない。

本CDではジェフ・キーザーのピアノが光っている。

アートに関する有名なエピソードがある。50年代のことだ。自分の楽器を質屋に入れたマイルズ・デイヴィスが、「仕事が入ったのでトランペットを貸してくれ」とアートから貸りていく。マイルズは演奏後にそれも質に入れ、ヤクを買っていた。それでもアートはマイルズとの友情を持ち続けた。
そんな人柄が演奏からも感じられる。

それにしても、このCDを毎晩聴いていたのがつい昨日のように思えるのだが、もう10年以上も経っていることに愕然としてしまう。

|

« 盛岡自転車会議 その2 | トップページ | ハート・スピークスを聴く »

ジャズ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/7908139

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル・アイズを聴く:

« 盛岡自転車会議 その2 | トップページ | ハート・スピークスを聴く »