« 昨夜のNHK-FM | トップページ | 朗読会の練習 »

盛岡ブランド宣言

昨日は盛岡ブランド宣言フォーラム(盛岡タイムスの記事がよくまとまっていますのでご参照ください)に行ってきた(しかし、なんで平日にやるんですかね)。

高橋克彦氏と赤坂憲雄氏(東北学というジャンルを確立)の対談から印象に残ったことを記しておきます。

高橋克彦氏の「老舗は経済ばかりでなく、文化の担い手でもあった。老舗がどんどん姿を消していくのは惜しい。老舗を大切にしよう。老舗が持つ古い建物の維持などには税金で援助をしてもいいのでは。それを不公平というのはおかしい」というお話に大いに同感(実際、郊外に大型店が進出する際、道路整備に税金を投じている) 。

赤坂憲雄氏の「役所からの一方通行ではなく、市民と一緒にこれを進めてきたことは評価できる。が、八方美人で総花的。後は覚悟の問題だと思う」、「盛岡は自転車が似合うまち。これもキーワードになるような気がする」というお話にも納得。そして、盛岡自転車会議を進めてきたことが間違っていなかった、と大いに励まされた(我田引水!)。

また、赤坂氏は「盛岡の文化力」が他と比較して抜きんでていることを再三強調された。そういえば、昔、筑紫哲也氏が朝日新聞の盛岡支局(現在は総局)に転勤してくるとき、上司から「盛岡か。あそこは文化のまちだ」といわれ、そのとおりだったと何かに書いていた(で、盛岡でお嫁さんをもらっていったわけですが)。しかし、文化の象徴的存在である古書店や喫茶店(まだ盛岡は多いほうだと思うが、どうかな)がどんどん姿を消している今は「文化のまち」から遠ざかっているような気がする。

関連して克彦氏から「岩手の民放局に一考を要したい。テレビをつければ、パチンコ屋のCMばかりだ。地元の小さな企業や老舗には安い料金を設定するなど優遇してはどうか」と苦言と提言があった。

覚悟」というキーワードは一昨年、盛岡でおこなわれた社会実験(大通りのトランジットモール化)のフォーラムに出席した際に、ぼくが発言したことと重なりますね。要約しておきます。

商店街のほとんどはトランジットモールに反対の立場だった。が、来街者には好評だった。ここですでに消費者とのズレが生じている。消費者の立場になった「転換をする覚悟」が商店街には必要だ。

一方、消費者にも「自分たちのまちを守るために郊外の大型店では買い物をしないという覚悟」が必要だ。

郊外の大型店は地元の文化育成や、持続可能な開発という考え方とは無縁だ。儲けるだけ儲けて業績が落ちたらさっさと撤退して、他の土地で同様の商売をやる。その繰り返しだ。情けないことに、そういう旧タイプのカウボーイ型経済の権化みたいなところで嬉々として買い物をする消費者が圧倒的に多い。それは中心市街地の商店街に魅力がないせいかもしれない。

盛岡ブランド宣言は中心市街地活性化のチャンスでもあるし、これが「絵に描いた餅」に終わるか否か、中心市街地の商店街の人々が大きな鍵を握っていると思う。

ぼくなどは「京都のお土産です」とか「金沢のお土産よ」という具合にいただきものをすると、それがどんなものかよく知らなくても何となく「ああ、いいものをもらっちゃった」とシンプルに喜ぶ。それが「地域ブランド」なんじゃないだろうか。

1/29追記:今朝の盛岡タイムスに対談がまとめられていました

1/30追記:この催しが平日におこなわれたのは、出演者の日程の関係だったそうです。身内やお手盛りではなく、辛口の提言をしてくださる方に出席していただきたかったとのこと。もちろん、週末に開催したかったと残念そうでした。

もりおか暮らし物語 盛岡ブランド日誌」がはじまりました。現場からのリアルタイムなレポートです。

|

« 昨夜のNHK-FM | トップページ | 朗読会の練習 »

イベント」カテゴリの記事

スローライフ」カテゴリの記事

ブナ派」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

近年僕の田舎でも郊外型のショッピングモールができて、びっくりさせられる。
そこにあるお店は僕が住んでいる地域の店と何ら代わりがなく、昔感じられたその土地の匂いといったモノが全くない。
多少不便でも、多少流行遅れでもそういったモノを排除した画一的なお店はハッキリ言ってつまらない。
そして何よりその郊外のショッピングモールに行くのには車が必要であり、車を持っていない(お年寄りがほとんど)人たちには地元のお店がなくなるといった弊害があるばかりだと思う。

便利なことばかりが先に立つと後々でっかいしっぺ返しがくると思うんだよなぁ

ほな

投稿: D | 2006年1月30日 (月) 01時34分

盛岡ブランドというか盛岡で一番気の利いた物というかそういうものがないと既存の商店街に人は来ないと思います
行く理由がありません
多少不便多少流行おくれの情緒の無い店は既存商店街でもショッピングモールでも消えてしまうでしょう
お中元お歳暮を地元の包装紙で送れないのは切ないです。
首都圏の繁盛商店街は模範にならないといいますが「とげ抜き地蔵商店街」「横浜中華街」などは多少距離がありますが通り抜けたところに公共の乗り物があります
400メートル歩く気力があればOKです
好きなところでバスや都電に乗ることができればいいのですが
トランジットモールの環境に近くなっています
盛岡の100円バスは駅からのお客がたくさん乗っていたので驚きでした(1月8日)
盛岡のバスは携帯電話で運行状況が見られ便利です
バス停にQRコードが貼ってあればなお便利です
よその町から盛岡中心部の商店街を見てどうなのでしょうか

投稿: Gustus | 2006年1月30日 (月) 05時13分

Dさん、おっしゃるとおりです。同感です。

Gustus さん、どうも。
いちがいには言えませんが、残念な事に商店側には「われわれ消費者の声」を聴く姿勢がないんですよね。そういう点では、モニター制などを導入しているショッピングモールを大いにみならってほしいものです。私たちは地元商店街の応援団なんですから。


投稿: 本人 | 2006年1月30日 (月) 08時23分

僕の町では商店街が壊滅しました。
区画整理で商店街整備をやったものの、商店街の店主の高齢化が進んでいたため、
建て替えの際に「いい機会だから、商売は辞めよう」と2世代住宅の建設ラッシュが起きました。ちょうど子供が独立し、隠居に入るタイミングと区画整理が一致してしまったんですね。

盛岡の印象といえば、街の点在する史跡や周辺の自然それぞれに、かつての文人の足跡が残っていることでしょうか。
やはり文化のニオイがします。

投稿: 小林麦酒 | 2006年1月31日 (火) 08時18分

その「文化のニオイ」のおかげで今のぼくがあると思っています。
その恩返しのつもりで、いろいろやっています。

投稿: 本人 | 2006年1月31日 (火) 16時36分

小林麦酒さんの「文化のニオイ」、素敵な表現です。私も盛岡に来て、同じような印象を受けました。

全国転勤する仲間の中でも、盛岡の評判は◎です(もちろん、反対の意見もありますが)。街が大きすぎず、同時に地域の中心的な存在で、独自の歴史・文化を感じさせられます。

ただの30万都市にはなってほしくない、盛岡。

投稿: ゆいす27 | 2006年1月31日 (火) 23時50分

>ただの30万都市にはなってほしくない、盛岡。

覚悟を決めないと「ただの30万都市」になっていくでしょう。

投稿: 本人 | 2006年2月 1日 (水) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/8379965

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡ブランド宣言:

» 盛岡ブランド宣言について [-edなこと]
盛岡ブランド宣言というのが出された。ブランディングとか、CIを考えるのは、自分の... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 11時39分

« 昨夜のNHK-FM | トップページ | 朗読会の練習 »