« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

さようなら、水原洋さん

2月24日、友人でギター製作家の水原洋さんが亡くなった(享年48歳)。2年ほど前から癌と闘ってきたのだが、残念な結果になった。 今日、葬儀につづいて「偲ぶ会」があり、故人の仲間たちがギター、19世紀ギター、ヴァイオリン、リュート、リコーダーを演奏して天国へ送った。

「盛岡にはとてもいいギターを作っている人がいるんだよ」と県外の知人に彼のことを自分のことのように自慢してきた。彼のつくったギターは鈴木大介さんや高田元太郎さんら日本を代表するギタリストが弾いている。同じ盛岡の人間として、こんなに誇らしいことはない。

初めて彼に会ったとき、短く言葉を交わしただけでもう何十年も前から知っているような気持ちになった。歳が近いことと、何よりも音楽を、そしてギターを愛しているという共通点のおかげだったのかもしれない。それに、盛岡にいながら、もっと広い世界を相手にしているという点でも、ぼくと彼はジャンルこそ違っても、お互いに通じるものがあった。

彼にギターを調整してもらったり、糸巻を交換してもらったりしたけれど、彼がつくったギターを持っていないことは心残りだ。

つくってもらおうと思い、ちょっと相談をしたことはあった。ぼくの希望を言い、見積もりの値段もきいた。そのとき、ギターの表側に使うスギとマツの音の違いを、材料の板を叩いてみせて、ぼくに教えてくれた。
でも、ぼくは自己流でじゃかじゃか掻き慣らすだけだから、彼がつくったギターを持つにはまったく相応しくない。
「カルカッシを一からやりなおして、少しはまともに弾けるようになったら発注するよ」と言ったものの、ナマケモノのぼくはいまだに自己流で掻き鳴らしている。

コンサート会場でもよく会った。彼はギター以外の音楽にもちゃんと熱心に耳を傾けていて、コンサート後には鋭い批評を、短い言葉でボソッと呟く。ぼくは彼の感想を聞くのが楽しみだった。

いつか彼は「自分の楽器は150年はもつようにつくっているんだ」と言っていた。ぼくらより、ずっと長生きだ。それに、日本だけじゃない、フランスやスイスでも、彼のギターはその豊かな音色を響かせている。

彼の小さいけれど、整理が行き届いて機能的な、とても居心地のいい工房でお喋りすることはもうできないけれど、この地球のどこかで今も、そしてこれからも水原ギターが鳴っているんだと思うと、この寂しさもまぎれるような気がする。

もしかすると、あっちの世界のほうが、彼の会いたい人がたくさんいるのかもしれない。トーレスやヘルマン・ハウザーやラミレスや、彼が一所懸命に研究していたルネ・フランソワ・ラコート(19世紀ギター)、そして彼らが作ったギターを弾いたソルやタレルガやセゴビアも、あっちの世界にはいる。
ま、いずれぼくも行くことになるだろう。
こっちの世界では作ってもらうことができなかったが、そっちでぼくのギターを作ってもらうよ。そのときのために、ぼくのような下手くそが弾いてもセゴビアのように聴こえるギターを研究していてね。
 それまでのあいだ、さようなら、水原洋さん。

*岩手めんこいテレビ公式サイト連載中『目と耳のライディング』から、水原さんのギターなどに触れている回のアドレスを貼りつけておきます。

http://www.menkoi-tv.co.jp/entertainment/saito/backnumber/020226index.html

http://www.menkoi-tv.co.jp/entertainment/saito/backnumber/index041004.html

http://www.menkoi-tv.co.jp/entertainment/saito/backnumber/index040209.html

*盛岡タイムスの追悼記事(3/16追記)。

http://morioka-times.com/news/2006/0603/14/06031411.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪舟とセザンヌ

 今年は雪舟(1420-1506)の没後500年なんですね。
 1月9日のブログにセザンヌ没後100年と書いた。雪舟もセザンヌと同様にぼくは好きだ。
4  これは雪舟の『破墨山水』の下の部分(上の部分には「賛」が書いてある)。破墨というのは水墨画の技法のひとつだが、この作品は破墨法ではなく、没骨法で描かれている。タイトルを付けた後世の人が間違ったらしい(雪舟がこのタイトルを付けたわけではない)。

5 で、これも一見、水墨画風ですが、実はセザンヌの水彩画を白黒に転換したもの。何となく雰囲気が雪舟っぽいでしょう。
  セザンヌが雪舟を知っていたかどうか、ぼくは知りません。「美を追及」した結果が時空を超えて、このようになっただけのことかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドロップハンドル

マルトさんのイワテライフ日記に、懐かしい自転車の写真があった。

確かセミドロップハンドルという名称だったように記憶している。小・中学校はドロップハンドルの自転車に乗ることが(ぼくが子供のころは)禁止されていたので、こういう独特なハンドルが誕生したのだろう。当時はこのタイプか、一文字ハンドル(名称を失念。今のバーハンドルとは違う呼び方をしていた)が主流だった。

ドロップハンドルの自転車に憧れたものだが、その憧れは長続きせず、オートバイや車に興味が移っていった。実際にドロップハンドルの自転車を手に入れたのは40歳近くなってからのことだった。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

本は見つかったけれど

マーヴィン・ゲイを聴いていたら、ネルソン・ジョージが『リズム&ブルースの死』のなかでマーヴィン・ゲイのことをどう書いていたのか気になって(ということは、どう書いてあったか忘れてしまったわけですが)本棚を探した。

見つからない。

この本はピーター・バラカンの『魂(ソウル)のゆくえ』と並べていたはずなのに、そこにはなかった。どこか別のところにまぎれこんでしまったようだ。文庫本を収めているところを片っ端から探した。
結局、探しきれなかった。

『リズム&ブルースの死』(1990年、早川書房)は、タイトル通り「リズム&ブルースは死んだ」と書いているし、『魂(ソウル)のゆくえ』(1989年、新潮文庫)もソウル・ミュージックは「自然に消滅した」と書いている(リズム&ブルースはソウル・ミュージックの前身だが、クロスオーバーが後にフュージョンと呼ばれるようになったのと同じようにとらえていいだろう)。

けれども、どちらの本も黒人音楽についての素晴らしい評論だし、黒人音楽入門書としても読める。幸いぼくたちはCD(レコード)で、死ぬ前のリズム&ブルースや、自然消滅する前のソウル・ミュージックを聴くことができる。それは、決して古き良き時代などではなく、黒人にとっては厳しい闘いの時代だった(そういう時代背景をエネルギーに、黒人音楽は花開いたわけだが)。

話を戻そう。
後日、『リズム&ブルースの死』を見つけた。それは、ジャズ関係の四六版ハードカバーを収めている本棚にあった。てっきり文庫本だと思いこんでいたのだが、ハードカバーだったのだ。
これも「ボケ」のはじまりなんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またまた嬉しい試み

昨日の「嬉しい試み」へのトラックバックがあり、そのアラカワケンスケさんのブログで、映画館通りのブランカフェ・フリースペース04での割引サービス「マイ箸、マイ弁当持参の方は50円引き」を知った。

他にもこういう取り組みをしているお店があるに違いない。正式発足準備を進めている盛岡自転車会議では、盛岡市中心街の「自転車マップ」制作を計画中だが、可能ならばこのマップに「エコなお店」の情報も入れたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嬉しい試み

1月12日のブログで携帯用のマイ箸を紹介したが、盛岡市菜園のクッチーナでは、マイ箸持参だと生ビールの中ジョッキを1杯サービスしてくれるそうだ。こういう思いきった試みを取り入れるお店をどんどん応援したいですね。

お店のホームページから、店主の言葉を転載します。

CUCINAでは、自然環境保護の手助けとして

「小さな店から地球を守る」を合言葉に

”マイ ハシ サービス”

を行っております。ご自分の箸をご持参頂き、

当店の割り箸を使用なさらないお客様に対しまして

「生ビール 中ジョッキ1杯」

をサービスさせて頂きます。

地球に住む生物の一員として少しばかりの

提案です。

MONTBELL (モンベル) 野箸 ここをクリックすると楽天ショップで携帯箸を購入できます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

恐怖のバレンタインデー

マンションの管理人室から「郵便受けがいっぱいで配達の人が困ってますので、取りにきてください」と電話があった。
チョコレートがたくさん届いていた。
「もううちには置くところがないわよ」
そこら中に山積みになっているチョコレートを横目に、妻が溜息をついた。

ミケネコ・トマトの宅急便から「お宅に配達するチョコレートらしき荷物がトラック一台分あるんですが、配達に行ってもいいでしょうか」と電話があった。
今日のところは倉庫で預かってもらうことにした。預かり料は一日10万円だという。バレンタインデーのおかげでうちは破産しそうだ。

というわけで、もう本当にお気持ちだけでけっこうですので勘弁してください--という夢をみて目を醒ましたら、電話が鳴った。

「管理人ですが、郵便受けが--」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朗読会を終えて

貴方と風とオートバイと 斎藤純珠玉短編朗読会」」(←自分で珠玉というのも何ですが、そういうイベントなので、スミマセン)を成功裏に終えることができました。

90498060_205 ■朗読
「暁のキックスタート 序章」(斎藤純)
「初雪」(飯塚洋介)
「ロング・ツーリング」(小林ゆり子)
「暁のキックスタート」(大塚富夫)
「夏の思い出」(大塚富夫、飯塚洋介、小林ゆり子)

■曲目
プレリュード No.1(エイトール・ヴィラ=ロボス)
エチュード No.11(エイトール・ヴィラ=ロボス)
ナケーリ・テンポ(ピシンギーニャ)
ボブズ・ユア・アンクル(ローレンス・ジュバー)
鐘の響き(ジョアン・ペルナンブーコ)

演奏:伊藤隆&ガットストリングス(千葉幸成、伊藤光)

予想を遥かに上回り、「風のスタジオ」動員記録をつくってしまいました(通常80名でいっぱいの小屋なのですが、95名のご来場者でした)。お越しいただいたみなさんに窮屈な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。 盛岡は劇団や、地元放送局のアナウンサー(特に岩手放送)による朗読が盛んなので、地盤があるのですが、それにしてもこんなにたくさんの方にお集まりいただけるとは予想していませんでした。

朗読とギターコンサートのコラボレーション(朗読とギター演奏を交互に)という全国でも珍しい試みでしたから、いろいろと不手際もあったのですが、アンケートの感想を拝見しますと、おおむね好評だったので、ホッと胸を撫で下ろしています。

ギターはその音色だけで「哀愁」を感じさせる楽器です。そして、僕がギターを好きなのは「風」を感じさせるからです。今回はバレンタインデーに合わせた企画だったので、大人のチョコレート、つまりビタースウィート(ホロ苦い)なストーリーを選びました。そのストーリーにクラシックギターの音楽がとてもマッチして、ぼく自身も聴いていて楽しめました。今回はPAを使わなかったので、生身の声とギターの持つ本来の響きが味わえ、会場も親密な一体感に包まれたように思います。

ただ、大塚アナウンサーもおっしゃっていましたが、朗読は読み手と同じくらいの集中力と緊張を聴き手にも求めます。舞台転換(出演者の出入り)がその集中力を削がないような工夫があってもよかったなと思います。

ぼくも含め、出演者はみんなボランティアという「手弁当のイベント」でした(収益はNPOアートサポートセンターの活動資金となります。アマチュアの芸術活動の支援を目的としています)。
アンケートで意外と多かったのが「この内容で前売り1200円、当日1500円は安すぎ。2000円以上でいいのでは」という(嬉しい)苦言でした。

また、写真集「北海道絶景ロードセレクション」(下記参照)が好評の小原信好さん撮影によるツーリング写真を朗読の背景としてスライドで上映したのですが、器材が古いのでガシャッガシャッと異音が入り、せっかくの雰囲気を邪魔したことも指摘を受けました。素敵な写真を提供してくださったのに生かしきれず、小原さんにも悪い事をしたなあ、とこれも反省点のひとつです。

それにしても、タッキーが出るわけでもなく、CGで迫力ある画面を観るわけでもなく、朗読とギター演奏という「渋い」催しにたくさんの方にいらっしゃっていただき、ぼく自身、認識を新たにしている。語弊があるかもしれないが、こういうハイブラウなものを受け入れる文化が盛岡にはあるんですね。

ひとつの記念碑的なイベントに関わることができたことに感謝する共に誇りに思います。また、今後のいわてアートサポートセンターの活動に期待したいと思っています。

(クリックすると楽天ショップで購入できます)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

愛用品 ZIPPOハンドウォーマー

今冬は寒さも凍りつくような天候のせいか、右腰の後側(たぶん、腎臓のあたり)に冷えを感じる。使い捨てのホッカイロをシャツの上に貼ってしのいでいたのだが、友人からいいものを教わった。

2005年ZIPPOハンディーウォーマー受注後1~2日後日ぐらい佐川急便の発送です! (写真をクリックすると楽天ショップにリンクしていますので、これを買うことができます)

■ ZIPPOブランドの、オイル充填式のカイロです。釣り、スキーなどの冬のアウトドアーや、スポーツ観戦などでの使用に最適です。専用のフリース製の袋が付属しています。

■ ZIPPOハンディウォーマーは直接オイルを燃やすのではなく気化したオイルがプラチナの触媒作用で酸化発熱する化学カイロです。使い捨てカイロの様に廃棄物が発生せず、環境に優しい携帯カイロです。

フリースの袋はベルトに通せるようになっているので腰を暖めるのにちょうどいい。また、一回の給油で24時間ももつから(オイルの量を調整して半日だけにもできる)、夜寝るときはフェイスタオルにぐるぐる巻きにしてアンカとして使っている(かなり、暖かい)。

便利で、性能がいいうえに「使い捨て」じゃないところがいいですね。ところでZIPPOというメーカーはもともとオイル屋さんなんですね。自社オイルを使う製品を開発しようってんで、あの有名なオイルライターが誕生したそうです。

【 High Power 】 使い捨てカイロの約13倍の熱量です。
【 Economical 】 1回の注油で最大約24時間発熱。
【 Ecological 】 繰り返しご使用いただけます。
【 Clean 】 有害ガスを発生しません。

■ 本体サイズ:(約)縦100mm×横68mm×厚さ15mm
■ 製造国:カイロ本体=日本(米ZIPPO社のライセンスを受け
日本にて製造しています。)、付属オイル=アメリカ製
■ 素材:カイロ本体=真鍮

| | コメント (13) | トラックバック (0)

さよなら、伊福部昭さん

 「ゴジラ」などの映画音楽で知られる作曲家、伊福部昭(いふくべ・あきら)さんが8日、亡くなられました。91歳でした。

 伊福部氏は東京音楽大学学長もつとめられましたが、ご自身は音大で学んだことはなく、独学でした。北海道・釧路に生まれ、北海道帝大専門部(林学)を卒業後、原生林で林務官を務められたこと、アイヌ音楽や樺太のギリヤーク民族の音楽を研究されたことが、伊福部昭さんの音楽をダイナミックなものにしていると思います。 映画音楽も多く手がけ、「ビルマの竪琴」で毎日映画コンクール音楽賞を受賞しています。

また、伊福部氏はギターをこよなく愛した方でした。今日は「交響作品集」(FOCD2512)、「交響的音画 釧路湿原」(FOCD9057)、「ギター作品集」(MTWD99019)を聴きながら、素晴らしい音楽を残してくださったことに感謝しつつ喪に服します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朗読会・続報

2月1日のブログに記したリハーサルに、盛岡タイムスの記者が取材にいらしてまして、今日、記事になりました。いい会になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラス

今日は神明町、若園町界隈のカラスが騒がしい。

みみずく書店向かい側の歩道でカラスが喧嘩をして、血まみれになっていた。
「こら! 喧嘩はやめなさい」
怒鳴りつけてやると、バタバタと木の上に飛んでいったが、喧嘩をやめるつもりはないようだった。
うちのまわりのカラスも、うるさく鳴いている。
雪が多く、寒いから、カラスたちも自由がきかず、気が立っているのかもしれない。

そういえば、去年の7月にもカラスのことを何度か書いた。世間では嫌われものだが、ぼくはそんなに嫌いではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・川徳デパート

盛岡市の川徳デパート県経営品質賞を受賞した(詳しくは盛岡タイムスの記事を)。

k01 選考の際に、「地道な社会活動の継続と地域住民の生活感覚を認識したまちづくり活動の推進」などが評価されたという。これはカウボーイ型経営で地域を荒廃させる中央資本の大型店に欠落していることだ。

川徳デパートは、キャンドルナイトの時期に合わせて、従業員のマイカー通勤自粛を実施するなど社会に目をひらいている。もしかすると、そういう姿勢も評価されたのかもしれない。

そういう意味では中三デパートも、肴町商店街のイベントに積極的に参加するなど市民と共にあるデパートを目指しているように思う。

どちらも中心市街地活性化の鍵を握っている企業だ。まだまだ盛岡はイケるという思いを抱かせるニュースだった。

では、ここで小咄を。
まだエレベーターガールがいた時代のことです。田舎から出てきたおばあちゃんが川徳デパートのエレベーターに乗った。
「御利用カイを、お知らせくださいませ」
エレベーターガールが言うと、おばあちゃんが
「今日が初めてでがんす」

ご利用階をご利用回と思ったんですね。ドントハレ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

盛岡雪あかり

291582_1814234594 盛岡雪あかりは、今日から4日までの三日間。中津川の川原の「どんぐりと山猫」(宮澤賢治の童話)をテーマにした雪像と、岩手公園(盛岡城址)の氷のお城を見てきた。291582_1179663105

こういうイベントではしばしばご当地ソングなどがスピーカーから割れた音で流れ、甲高い声のMCがよけいなお喋りをしているわけですが、この盛岡雪あかりは違います。静かです。音楽もMCもありません。市民がつくった雪あかりの温かい光が迎えてくれるだけです。

そして、それで充分なのです。

291582_1473700462 雪あかりの雪あんどん(?)の型はバケツなので、うちでもつくれます。おうちの玄関や庭など、盛岡中に雪あかりがひろがればいいなあ。

今年は雪が多く、「もううんざり」という気分なのですが、「雪のおかげでこんなにきれいなものを見ることができるのだから」と思いなおした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

朗読会の練習

82259766_171 いわてアートサポートセンター「風のスタジオ」で、「貴方と風とオートバイと 斎藤純珠玉短編朗読会」の初めてのリハーサルがあった(写真はテレビ岩手の小林ゆり子アナウンサー)。
出演者の個性と短編小説の内容がうまく合って、とてもいい感じだった。

人の声を通して耳で聞くと、感じ方が違うんですね。ぼくが書いた小説なのに「ジ~ン」ときたりして、これは得難い経験をしました。

「こんなおもしろい小説書いてたんですね」とか「これ、いい話だなあ」などの感想に喜んでいいのかどうか複雑な思いもしたが、ま、いいでしょう(笑)。当日は「オートバイの旅はいつもすこし寂しい」などで組んでいるクマさんこと小原信好さんの写真がスライドで上映される。伊藤隆&ガットストリングスのギター演奏もクラシック、ブラジル音楽、フィンガーピッキングなどバラエティに富んでいて楽しみだ。

お問い合わせはいわてアートサポートセンター019-604-9020へ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »