« 自転車びより | トップページ | グレツキ:交響曲第3番 »

W650の思い出 II

これはカワサキW650デビュー当時のカタログに寄せた文章です。カタログに使用したマシンは、ぼくのW650なので、リアキャリアなどが付いていますね。

 インターチェンジを下り、田園地帯を貫く県道をさらに北へと向かう。高速道路による長距離移動を何のストレスもなく消化したW650ではあるが、やはりカントリーロードこそ相応しい。レスポンスのいいスロットルを右手でコントロールしつつ、チェロの響きを想わせる排気音の変化を楽しむ。

W650294893_293321236  やがて道は山岳ワインディング・ロードとなり、ロングストローク・バーチカルツインの鼓動がいっきに高まる。フューエルタンクのニーグリップラバーを膝ではさみつけ、右に左にとリーンウイズで軽快にカーブをクリアしていく。W650に乗って最初に驚かされたのが、コーナリング性能の高さだった。コーナリングばかりでなく、W650はいい意味で予想を裏切る走りを味わわせてくれる。W650との旅の眼目は、このオートバイが持つ度量の深さを知る過程にあると言っていい。

 湖の近くにあるホテルに到着したのが夕方だった。ここの建物はとてもモダンでありながら、周辺のお寺や神社、それに森や湖ともマッチしている。W650をその前に停め、一歩下がって眺めた。少しも違和感がない。W650は超高層ビル群にもブナ原生林にも、うまく溶け込む。これらの事実は、一見、懐古趣味と受け取られがちなW650が、ひとつの普遍性に到達した造形であることを教えてくれる。

 思えば、並列二気筒のビッグバイクに新車で乗ることなど夢物語でしかないと諦めていたところにあらわれたのがW650だった。豊かな曲線を持つタンク、キャブトンタイプのマフラー、大経のタイヤ、そしてバーチカルツインのエンジン--これらがすっきりと、なおかつ重量車らしくまとまっているW650に僕は一目惚れをし、これに乗るために大型免許を取った。それは僕にとって年齢的にも仕事の面でもひとつの節目にあたり、これからの道を見極める時期に重なっていた。

 ある大作家が「小説家の仕事は創(う)むこと、考えること、学ぶことだ」と言っている。考えるとは自己を見つめることを含んでいる。精神の豊かさを生む創造的な日々は、これらを実践することによって約束される。断っておくと、創造的な日常とは何も小説や詩を書くことに限らない。明日への活力を感じつつ毎日を過ごすことができれば、それこそが創造的な日々なのである。

 道を見極めるにはがむしゃらに突っ走ってはならない。一歩下がって視野を広く持つことが肝要だ。創造的な日々を送り、精神の豊かさを追求する人にとって、W650はよき伴侶、よき相棒となってくれる。

|

« 自転車びより | トップページ | グレツキ:交響曲第3番 »

オートバイ」カテゴリの記事

ブナ派」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ガキのころから憧れの単車ですよ。
ダブワン、セル付きW3、そしてW650。
乗るには大型二輪免許を取り直さなきゃ、ですが。。。
今年は50歳になるので記念に限定解除するかな。
「培倶人」でも斎藤さんの連載が始まったので楽しみです!
これからも素敵な文章でバイク乗りを励ましてください。

投稿: ふじた@東京 | 2006年4月 6日 (木) 21時01分

僕はW650ではありませんが、F650に乗っておりました。
650CCというサイズは、大きすぎず小さすぎず、日本全国トコトコツーリングに合うサイズだと思いました。

投稿: 小林麦酒 | 2006年4月 7日 (金) 08時58分

ふじたさん、いつもありがとうございます
大型自動二輪免許とられてはいかがですか。遠くへ行くのが楽です。

小林麦酒さん、どうも。ぼくもそう思います。エンジン付きの乗物を一台だけ持つとしたら、迷わずW650にします。

投稿: 著者 | 2006年4月 7日 (金) 11時23分

こんにちは。以前にサイン会でサインしていただいたものです。
実はここ数日、W650がと〜っても気になってしまって、オートバイ屋さんに実物を見に行きました。
実物もとっても綺麗でした!(思っていたより大きかったのですが)
400ccだと長距離はちと疲れるし、かといって私には1000ccもいらないし。
丁度いいかな〜と思っていた所で、こちらのブログを読ませていただき、かなりW650に傾いています。
ひゃ〜。乗りたい。


投稿: tom | 2006年4月 7日 (金) 18時41分

わたしもWは憧れでした。
W1、W3など「男の鉄馬」のイメージをずっと持っていて…
W650に乗ろうかとも考えましたが、やっぱり男の人が似合うのだろうなぁ…なんて勝手な思いで、現在のF650GSに落ち着いてしまいました(笑)。
今でもやっぱり憧れです。素敵ですよね。造りもサウンドも!

投稿: いがいがぽん! | 2006年4月 7日 (金) 21時12分

初めまして。盛岡市民10年目の中年ライダーです。
いろいろ大きなバイクを乗り継いできましたが、
このごろ何故か、W650に落ち着きたくなりました。
見事にバランスした単車の姿は、道端に佇むだけで、
あたりの風景を一層美しくしてくれるような気がします。
心をほぐしてくれる鼓動にひたり、
心に入る眺めを引き寄せ、立ち止まり、
自然や季節の片隅に愛機を配置して眺める時間は、
とても安らぎます。
W650と岩手、相性は相当なものだと感じます。

斎藤様の次なる作品、楽しみにしております。

投稿: うえはら@盛岡 | 2006年4月11日 (火) 13時58分

いがいがぽんさん、どうも。
F650も、日本の道にぴったりの万能選手ですよね。

うえはら@盛岡さん、どうも。
W650のすごいところは、おっしゃるとおり、野山に町に村に、日本のどの風景にもさりげなく溶け込み、それでいてちゃんと自己を主張するところだと思います。

投稿: 著者 | 2006年4月14日 (金) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/7410002

この記事へのトラックバック一覧です: W650の思い出 II:

« 自転車びより | トップページ | グレツキ:交響曲第3番 »