« うちから30キロでガス欠 | トップページ | 華麗なる古典舞踏 »

反ペーパータオル

トイレのペーパータオルを初めて使ったのは、いつだったろうか。そんなに昔のことではないような気がする。そして、ペーパータオルを設置しているトイレには何となく高級な印象を抱いたものだ。

現在、ぼくはペーパータオルを使わない。手を拭かないのではなく、ハンカチかバンダナチーフをいつも持ち歩いているから、そんなものは使わなくてもすむのだ。ただ手を拭くだけのことに紙を使い捨てるなんて、もったいない。たとえ、リサイルするにしても、そのエネルギーを考えれば無駄なこと、この上ない。

かつては豊かさの象徴だったかもしれないペーパータオルも、こんにちでは貧困な想像力の象徴でしかない。そして、あんなものを(一人で何枚も使っている御仁も少なくないが)何の疑問もなく使う人たち精神構造も推して知るべし。ペーパータオルで手を拭く前に、顔を洗って、考えてみてはいかがだろうか。

|

« うちから30キロでガス欠 | トップページ | 華麗なる古典舞踏 »

エコロジー」カテゴリの記事

スローライフ」カテゴリの記事

ブナ派」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ここ数年、ペーパータオルが置いてあるトイレは激減した印象があります。地域によるのかもしれませんが。

投稿: こじま | 2006年5月24日 (水) 23時53分

こじまさん、どうも。たぶん、ランニングコストの問題でしょう。すっかりなくなる日が近いのかもしれませんね。

投稿: 本人 | 2006年5月25日 (木) 06時18分

こんばんは。
次は、ハンドドライヤーでしょうか。
手を乾かすならハンカチですね。

投稿: KAZZ | 2006年5月26日 (金) 22時32分

エアータオルですね。
ハンカチより清潔だ、などという「潔癖症」の方々も多いので(なにしろ、抗菌グッズ花盛りの昨今ですゆえ)、どうなんでしょうね。

投稿: 本人 | 2006年5月27日 (土) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/10220932

この記事へのトラックバック一覧です: 反ペーパータオル:

« うちから30キロでガス欠 | トップページ | 華麗なる古典舞踏 »