« 華麗なる古典舞踏 | トップページ | ジャン・コクトー展を観る »

臓器提供意思表示カード

免許証と一緒に臓器提供意思表示カードを持ち歩いている。カードを確認したら、、1998年の署名となっている。

何かのとき、ぼくの体が少しでも役に立つなら使ってほしいと思い、このカードを持つようになった。なるべく、子供に提供したいと思っているのだが、相手は選べない。あるいは、ちゃんと子供を優先する仕組みになっているのかもしれない。

ただ、これは「脳死を人の死として認める」という議論と別のものであることは明記しておきたい。これは「ぼくにかぎっては」という個人的な行為にすぎず、他人に(あるいは一般論として)「脳死は人の死である」と押しつけようとは思っていない。また、ぼくは50年近くも生きてきたから、ひとさまの臓器をちょうだいしてまで生きたいとは望まない。

臓器提供意思カード所持は妻と話し合って決めたことで、妻も持っているし、カードにはお互いに署名もしてある。これがないと死後に遺族が揉め、本人の意思が尊重されない場合が少なくない。

|

« 華麗なる古典舞踏 | トップページ | ジャン・コクトー展を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/9826709

この記事へのトラックバック一覧です: 臓器提供意思表示カード:

« 華麗なる古典舞踏 | トップページ | ジャン・コクトー展を観る »