« 祝! | トップページ | 『華麗なる双輪主義』を読む »

愛用品 水彩道具

261483_3421977902 ぼくが使っている水彩画の道具だ。ウィンザー&ニュートンの固形絵の具が10数色(どの色を持つかは季節によって異なる)、筆(ペンサックを用い、短く仕舞えるように工夫してある)、水入れ、ガーゼ(またはスポンジ)、ペン(万年筆や筆ペン)、鉛筆などをカセットウォークマン用の袋とほぼ同じサイズの袋に収めてある。絵の具は6色もあれば充分なのだが、まだまだ修行が足りない。

スケッチブックはごく普通のもので、F4~6号が多い。両面使えるものも愛用している(開いて使えば、大きな絵が描ける)。

先月創刊した北東北エリアマガジン「ラクラ」に『走れ、自転車探訪者』というエッセイの連載をはじめた。これに水彩画も描いている。第1回に描いた↓は、横手郊外から見た奥羽山脈だ。

Photo

|

« 祝! | トップページ | 『華麗なる双輪主義』を読む »

スローライフ」カテゴリの記事

ブナ派」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

水彩画」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

素敵ですね。絵を描くというのも、とても豊かな時間の過ごし方なんでしょうね。
「ラクラ」こちらでは手に入らないのが残念です。。。

投稿: いがいがぽん! | 2006年5月19日 (金) 16時31分

いがいがぽんさん、どうも。
旅先でスケッチの時間をつくるのはチョット大変ですが、うちに帰って絵の具と戯れていると無心になれます。

投稿: 本人 | 2006年5月19日 (金) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/8397100

この記事へのトラックバック一覧です: 愛用品 水彩道具:

« 祝! | トップページ | 『華麗なる双輪主義』を読む »