« 楽天球団の試み | トップページ | 華麗なる古典舞踏、その後 »

麺の呼称

冷たい麺がおいしいし季節になった。ところで、あちこち旅していると、麺の呼び方がさまざまなことに気がつく。以下、整理してみた(中央史観ではなく、盛岡史観にのっとっているので、そのへんのところはくみとってください)。 

冷麺-別名、平壌冷麺(または盛岡冷麺とも)。焼き肉屋さんで出す、冷たいスープ、透明で腰の強い麺のやつネ。そば粉入りの黒い麺であっさりしたのがいわゆる冷麺ですが、盛岡のはコクがあり、まったく別物といっていいほどおいしい。 冷風麺(下記参照)を冷麺と呼ぶ地域があるのでややこしい。

冷風麺-全国的には冷し中華。盛岡では冷風麺という。主に関西では、これを冷麺と称している。仙台が発祥といわれている(というより、仙台がそう主張しているにすぎないのだが)。

冷しラーメン-これは一見ラーメンですが、スープが冷たい。山形発祥のおいしいラーメンです(新潟発祥説もあり)。最近はコンビニでも置くようになりましたが、味は……。一部地域では冷風麺を冷しラーメンと称するので、これまたややこしい。

中華ざる-たぶん岩手あたりが発祥の謎の食べ物。つけ麺に似ていますが、違います。
日本蕎麦の代わりに中華麺を使ったザルそばのこと。もちろん、ツユは日本そばと同じざるそば(もりそば)のツユ。だまされたと思って食べてください。おいしいです。縮れた細麺じゃないとダメよ。

じゃじゃ麺-うどんのような太い麺に、しょっぱい肉みそをかけて食べる。これは盛岡独特のもの。ジャージャー麺は中華麺を使い、ミソに甘味がある。

|

« 楽天球団の試み | トップページ | 華麗なる古典舞踏、その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あぁ・・・こうも麺づくしでこられると今の僕には大変きついのです。
夏の強烈な日差しの中を走り抜け盛岡で食する冷麺・・・
北海道への道中の途中でゆくべきか、はたまた帰りに寄るべきか・・・・
とぉっても悩まされます。

ほな

投稿: D | 2006年6月 7日 (水) 21時55分

ああ、じゃじゃ麺。
あのむっちりした麺にからまる肉味噌…忘れられない味です。
また食べたいです〜!

しかし「冷風麺」と「冷しラーメン」と「中華ざる」、メニュー見ただけでは全部同じようなものと思ってしまいそう…。
「中華ざる」のつゆが蕎麦つゆとは、目から鱗です。

投稿: いがいがぽん! | 2006年6月 9日 (金) 07時55分

Dさん>Dさんの場合は行きも帰りも食べるでしょう。スケジュールが決まったらお知らせください。

いがいがぽんさん>姫路には、そば(うどん)の出汁に中華麺を入れた温かい「駅そば」というのがあるそうです。

投稿: 本人 | 2006年6月 9日 (金) 08時38分

まいどまいど恐縮です。
今年のDはひと味違います。何が違うのかというと・・・
お会いしたときに
 
はい

ほな

投稿: D | 2006年6月11日 (日) 00時34分

Dさん、楽しみにしています。

投稿: 本人 | 2006年6月11日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/10425754

この記事へのトラックバック一覧です: 麺の呼称:

» 中華ざる [101Blog]
朝からチビ達は西和賀町の「牛乳・山菜王国まつり」へ。僕はといえば、仕事すすまず、居残り練習。先方からは電話で優しい言葉をかけていただいたのですが、すっかり思考が... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 00時41分

» 七匹の子ぶた ウニクス三芳店 [ギャル曽根大食い伝説@大食いフードファイターギャル曽根さん応援ブログ]
本日のお昼、家族で七匹の子ぶたへ行ってきました。ここは中華バイキングなんだけど、バイキングはこの店だけみたい。はっきりいって、いいお店でした。今回2回目なのです。いいお店だか... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 06時54分

« 楽天球団の試み | トップページ | 華麗なる古典舞踏、その後 »