« 華麗なる古典舞踏、その後 | トップページ | 『上野動物園再々々襲撃』を観る »

「イベリア 魂のフラメンコ」を観る

映画『イベリア 魂のフラメンコ』を観た。4/18に岩手県民会館快感に悶えさせてくれた(オヤジギャグですみません)「カルメン」のアイーダ・ゴメスが出ているので、どうしても観ておきたかった。
素晴らしかった。 何とか時間をやりくりして行った甲斐があった。

アルベニスの組曲「イベリア」を基にした音楽がいい。ギター編曲版で有名な「アストゥリアス」のチェロ独奏版が秀逸(サントラがほしいのだが、アマゾンには出ていない)。
もちろん、踊りはいわずもがなである。
レッスンを受けているシーンの子供たちがまた凄かった。あんな小さなときから覚えていくんだから、かないません。

物語はないのに『ウェストサイド物語』を観ているような抒情性に酔わされた。大国日本でなぜこの種の映画がつくられないのか(あるいは、つくれないのか)。
このごろ画壇を賑わせている醜聞と共に、日本の文化レベルはいかがなものかと考えさせられつつ、映画館を後にした。

|

« 華麗なる古典舞踏、その後 | トップページ | 『上野動物園再々々襲撃』を観る »

フラメンコ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/10440906

この記事へのトラックバック一覧です: 「イベリア 魂のフラメンコ」を観る:

« 華麗なる古典舞踏、その後 | トップページ | 『上野動物園再々々襲撃』を観る »