« 自転車取り締まり強化の前に | トップページ | バズル(岩手日報創刊130周年記念企画) »

『聴く鏡』を読む

オーディオとジャズの世界で、岩手県一関市のジャズ喫茶ベイシーのことを知らない人はいません。本書は菅原正二さんの『ジャズ喫茶ベイシーの選択』に続く待望の第2作です。

が、本書はただのジャズ/オーディオ本ではありません。もちろん、ジャズ/オーディオ本としても超一流ですが、前著同様、随所に鋭い文明批評が散らばっており、生き方の指南に満ちています。これを名著といわずして何といいましょうか。

クラシックが小物評論家による「演奏批評」に終始し、狭い領域から抜けだせないまま落ち目に向かっている今、ジャズは、小さく狭いかもしれないけれど、確かな成熟をもたらした。本書にそれが集約されています。

前著では〈今はまずいものを年中食える便利な世の中になった〉と現代社会を斬ってみせた。この感性は少しも衰えず、ますます進化(深化)し、本書では〈30年以上もたないものを、ぼくはモノとして基本的に認めないことにした〉と言い切る。痛快ですね。日ごろ、ぼくも「10年もたないものを売ったり買ったりしてるようじゃ駄目ね」と言ってるのだが、菅原さんは「30年」である。「壊れタイマー付き」などと揶揄されるソ〇ーの社員にこそ読んでいただきたいものです。全編、この精神がバックボーンにあるように思いました。

オーディオに関して、ぼくはメカニズムには興味がありませんが、出てくる音については多少ウルさいかもしれません。といっても、「紙が素材のスピーカーから、どうしてシンバルやハイハットの金属音が出るのか」不思議がっているというレベルですが。

ところで、菅原さんはあちこちに出かけません。職業柄、そうなのです。ところが、全国から(いや、世界から)菅原さんのところにいろいろな方がやってきます。
こちらから訪ねるのではなく、「いながらにして、大切な人を引き寄せる」のが菅原さん流です。これを菅原さんは「(イスラム原理主義ならぬ)居座る原理主義」(危ない!)と称しています。

「国家の品格」よりも、こういう本にぼくは共鳴します。

|

« 自転車取り締まり強化の前に | トップページ | バズル(岩手日報創刊130周年記念企画) »

ジャズ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

人前で仕事の話をする時、たいてい「1年中まずいものを食える便利な世の中になった」を引用することにしています。非常にいい言葉なので、これに対する答えを見つけていくのが、私の今後のお仕事かと心得ております。

ジャズ素人の私ですが、「聴く鏡」は入手しないと。

投稿: ゆいす27 | 2006年7月 2日 (日) 23時33分

ゆいす27さん、すみません(笑)。これ以上書くと、ゆいす27さんのお仕事が判明するので、以下略。

投稿: 本人 | 2006年7月 3日 (月) 08時35分

ベイシーかー、いつか行こうと思ってなかなか行けないなー!
いつも素通りなってしまします。

投稿: ダンボ | 2006年7月 8日 (土) 10時19分

ダンボさん(あのダンボさんでしょうか)、どうも。
晴れている日は走りまわってしまいますから、ぼくも素通りになってしまいます。ですから、雨の日にベイシーを目的に出かけるといいのです。

投稿: 本人 | 2006年7月 8日 (土) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/10737028

この記事へのトラックバック一覧です: 『聴く鏡』を読む:

« 自転車取り締まり強化の前に | トップページ | バズル(岩手日報創刊130周年記念企画) »