« 「浜藤の酒蔵」残して 市民団体が盛岡市に取得を要望へ | トップページ | 〈浜藤の酒蔵〉保存 »

『誰も知らなかった英国流ウォーキングの秘密』を読む

いい本なのに、「英国かぶれ」風のタイトルで損をしている。著者は決して「英国礼賛」などしていない。学ぶべきところは学び、そうではないところでは首をかしげ、言うべきところではきっぱりと「嫌いだ」、「おかしい」とおっしゃる。

というわけで、フットパス(英国独特の遊歩道)の歩き方の入門書としてだけでなく、「歩く」ことを文化として捉え、日英独の比較文化論としても読める。

市街地や中間山村地の活性化へのヒントもこの本にはあると思った。

著者は写真も趣味にされているのに、写真が少ないのが残念だった。口絵カラーだけでなく、本文中にもモノクロでいいので、もっと写真がほしかった。

|

« 「浜藤の酒蔵」残して 市民団体が盛岡市に取得を要望へ | トップページ | 〈浜藤の酒蔵〉保存 »

スローライフ」カテゴリの記事

ブナ派」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/11503356

この記事へのトラックバック一覧です: 『誰も知らなかった英国流ウォーキングの秘密』を読む:

« 「浜藤の酒蔵」残して 市民団体が盛岡市に取得を要望へ | トップページ | 〈浜藤の酒蔵〉保存 »