« 盛岡城跡公園で吟行 | トップページ | 食用ホオズキ »

パイプオルガンの響き

去る8月31日、盛岡市民文化ホール〈小ホール〉で行なわれた渋澤久美デビューリサイタルの感想を岩手めんこいテレビ公式サイトに連載中の「目と耳のライディング」第132回に書きました。

市民文化ホールの小ホールには、パイプオルガンがあり、久美さんは三代めの専属オルガニスト。彼女の盛岡でのお披露目のリサイタルは大成功だった。清楚で明るい性格があらわれた演奏だったと思う。今回の演奏も素敵だったが、ぼくとしては十年後の演奏が楽しみだ(色香というか、大人っぽさが加わるだろう)。

|

« 盛岡城跡公園で吟行 | トップページ | 食用ホオズキ »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/11940341

この記事へのトラックバック一覧です: パイプオルガンの響き:

« 盛岡城跡公園で吟行 | トップページ | 食用ホオズキ »