« 盛岡城跡公園のこと | トップページ | 盛岡城跡公園(岩手公園)100年まつり記念シンポジウム »

リュートとテノールを聴く

目と耳のライディング」第133回に、長尾譲(テノール)、井上周子(アーチリュート、ルネサンスリュート)、遠藤幸恵(ルネサンスリュート)のコンサートのことを書きました。遠藤さんは盛岡を拠点にリュート音楽の魅力をひろめている方です。

|

« 盛岡城跡公園のこと | トップページ | 盛岡城跡公園(岩手公園)100年まつり記念シンポジウム »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

26日のしずくいし音楽館でも、井上周子さんはリュートを立て気味に構えただけで、ただ者ではない艶っぽさをまき散らしておられました。テナーとお二人のリュートも素晴らしく、行ってよかった!

アンコールで井上さんが弾いてくださったチェンバロのリュリも、心に響く演奏でした。

投稿: ゆいす27 | 2006年10月 4日 (水) 23時48分

チェンバロを弾かれたのですか。それは聴きたかった!

投稿: 著者 | 2006年10月 5日 (木) 08時00分

奏でる前から、音楽が伝わってくる。そういう演奏会は、私にとって初めてでした。

投稿: ゆいす27 | 2006年10月 7日 (土) 00時46分

音楽のオーラを発散されていましたよね。ぜひまた盛岡に来ていただきたいものです。

投稿: 著者 | 2006年10月 7日 (土) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/12132663

この記事へのトラックバック一覧です: リュートとテノールを聴く:

« 盛岡城跡公園のこと | トップページ | 盛岡城跡公園(岩手公園)100年まつり記念シンポジウム »