« 東京は暑かった | トップページ | 青木十良チェロ・リサイタルを聴く »

山下清を観る

盛岡市民文化ホール・展示ホール(←もっと簡潔で、親しみやすい名称にしてもらいたいものですが)で開催中の「~放浪の天才画家~ 山下清展」が面白い。

驚いた。本当に見応えがある。いや、改めて考えてみると、山下清の作品をこうしてきちんと観るのは、たぶん初めてだ。映画だかテレビドラマだかになった山下清の印象が強くて、わかっているつもりになってしまっていたようだ。

その映像化された山下清像のせいで、彼の作品への評価が二の次にされているような気がするのは、ぼくだけだろうか。もちろん、これは反省をこめて書いているのだ。

ぼくは精緻な絵については割と冷淡で、「ご苦労なことで」としか思わなかったりするのだが、山下清の精緻な貼り絵には感嘆させられた。描くことの喜びが、画面のはしばしから伝わってくる。絵に勢いがあり、迷いがない。ただただ好きで描いているのだとわかる。

などと言葉にしても、まったく迫力がない。これはぜひ観ていただきたい。山下清という画家を再発見することになるだろう。

|

« 東京は暑かった | トップページ | 青木十良チェロ・リサイタルを聴く »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/12646626

この記事へのトラックバック一覧です: 山下清を観る:

« 東京は暑かった | トップページ | 青木十良チェロ・リサイタルを聴く »