« ジョアン・ジルベルトへの旅 5 | トップページ | 市民が問われる »

今週末はメサイア演奏会

所属する田園室内合奏団(ヴィオラを弾いてます)が出演するコンサートのお知らせです。

         〈田園ハーモニーコンサートのお知らせ〉

多彩なゲストと地元のコラボレーション
岩手で最もハイレベルな弦楽器奏者を中核に
壮大なオラトリオをお届けします。

矢巾町田園ホール 11月26日午後2時開演
入場料 一般500円 高校生以下無料

[曲目]
ヘンデル:メサイアから(抜粋)

1 Sinfony シンフォニア
2 Comfort ye my people 慰めよ、汝らわが民を慰めよ、と(テノール・ソロ)
3 Ev’ry valley shall be exalted もろもろの谷は高く(テノール・ソロ)
4  And the glory of the Lord  かくて主の栄光はあらわれ
12 For unto us a child is born  われらにひとりの嬰児生まれたり
13 Pifa  田園曲
17  Glory to God いと高きところには神の栄光あれ
18  Rejoice greatly  おおシオンの娘よ、おおいに喜べ(ソプラノ・ソロ)
24  Surely He hath borne our griefs  まことに彼はわれらの悩みを負い
29  Thy rebuke hath broken His heart なんじの誇り彼の心を砕きたれば(テノール・ソロ)
30  Behold, and see  思いみよ、その憂いにひとしき憂い(テノール・ソロ)
38  How beautiful are the feet  ああ美しきかな(ソプラノ・ソロ)
44  Hallelujah 全能の主なる神は統べたまえり
47  Behold,Itell you a mystery みよ、われなんじらに奥義を告げん(バリトンソロ)
48  The trumpet shall sound ラッパ鳴りて(バリトンソロ)(トランペット・ソロ)
52 If God be for us  神もしわれらに味方したまえば(ソプラノ・ソロ)(ヴァイオリン・ソロ)
53  Worthy is the Lamb  屠られたまい
54 Amen  アーメン

パッヘルベル:カノン

ヴィヴァルディ:「聖墓のそばで」

アンダーソン:クリスマス・フェスティバル

[演奏]
指揮:寺崎 巖 岩手大学教育学部卒業。ヴァイオリンを故梅村功二、板谷英紀、久保良治の各氏に師事。愛知国際音楽祭及びいわき指揮法セミナーにて指揮を小林研一郎氏に師事。日本弦楽指導者協会理事・岩手県支部長。盛岡市文化振興事業団評議員。盛岡市観光コンベンション協会プラザおでって・啄木青春館企画専門委員。日本音楽療法学会正会員。弦楽合奏団バディヌリ・コンサートマスター。岩手大学管弦楽団トレーナー。バディヌリ・ジュニア弦楽オーケストラ主宰。田園室内合奏団指揮者。田園フィルハーモニー・オーケストラ指揮者。盛岡南高等学校吹奏楽部講師。北上吹奏楽団客演指揮者。ヴァイオリン・ヴィオラ教室主宰。NPO法人コンサートキャラバンイーハトーブ理事。NPO法人いわてアートサポートセンター理事。1995年ドイツ演奏旅行。2001年伊藤奏子(ジュネーヴ国際コンクール2位)をソリストに迎えシベリウスのヴァイオリン協奏曲を指揮し、好評を博す。2003年愛知国際音楽祭・小林研一郎指揮法アカデミーにて優秀指揮者に選考され東京芸術劇場にて指揮デビュー、好評を博す。2004年9月伊藤奏子のブラームス・オーケストラアンサンブル2004演奏会を指揮し高い評価を得た。2006年ドイツ・イタリア演奏旅行(4月29日~5月6日)では、ヘンデルザール(ヘンデルの生誕した家)、フィレンツェのサンタマリアデリッチ教会などで演奏し、好評を博した。

コンサートマスター(ゲスト):原田智子 東京芸術大学音楽学部卒業。同大学院修士課程修了。国際ローターリー財団奨学生として、英国Royal College of Musicに留学。在学中最優秀の成績にてA.R.CM.Honoursを取得。第3回日本室内楽コンクール入賞。1998年よりオーケストラ・アンサンブル金沢の団員となる。「平成13年度文化庁派遣芸術家在外研修員」としてドイツに留学。現在はオーケストラ活動の他、ソロ、室内楽の分野でも活躍している。

トランペットソロ:牛腸和彦 93年、桐朋学園大学卒業。95年、同大学研究科修了。在学中、桐朋学園オーケストラのメンバーとしてフランス・エビアン音楽祭に参加、小澤征爾、M・ロストロポーヴィッチの下で演奏。学内セミナーでP・ティボー、P・カーレンゼー、B・ニルソン、各氏のクラスを受講。95年、桐朋オーケストラ・アカデミー入学。桐朋アカデミー・オーケストラのメンバーとしてドイツ・ブレーメン国際トランペット週間に参加、ブレーメン・ドーム教会でベルリオーズのレクイエムを演奏。アカデミーのマスタークラスでK・グロート、R・ケップ、O・ザウター、各氏のクラスを受講。99年、桐朋オーケストラ・アカデミー修了。11月より、ドイツのトランペット・アカデミー・ブレーメンに籍を置き日本国内で演奏活動をする傍ら、数回にわたる短期留学で研鑚を積む。96年、第65回日本音楽コンクール、トランペット部門、入選。「音楽の友」誌上にて評価される。98年8月、東京オペラシティ・リサイタルホールで、デビューリサイタルを開催。99年、第4回新進音楽家演奏会「コンセール・マロニエ21」金管部門、最優秀賞受賞。)

チェロ:三浦祥子
チェンバロ:長谷川恭一
ソプラノ:村松玲子(不来方高等学校) 
テノール:佐々木朋也(不来方高等学校)
バリトン:関口直仁(東京藝術大学4年)
合唱指揮:阿部智則(不来方高等学校)
賛助出演:盛岡南高等学校吹奏楽部
ヴァイオリン:山口あうい(ウイーン国立音大卒)、馬場雅美(元東京フィル)、河村崇司 
ヴィオラ:熊谷啓幸、菅谷さおり
チェロ:大澤曜子、高橋忠直
コントラバス:八木一弘
田園室内合奏団、弦楽合奏団バディヌリ有志、バディヌリジュニア弦楽オーケストラ
田園ホール混声合唱団、コールパープル、矢巾コール、矢巾中学校、矢巾北中学校、コールM、コール・ネネム、不来方高校音楽部、ラ・ラ・ガーデンメサイヤを歌う会 ほか

|

« ジョアン・ジルベルトへの旅 5 | トップページ | 市民が問われる »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

ご存知でしょうか。
今年7月ドイツのトリアーに世界のメサイア愛唱家450名を集めて「ヘンデル・メサイア世界合唱祭」が開催されます。日本から30名参加できますが、まだ空きがあります。詳細はこちらでご覧いただけます。
http://www.jointconcert.com/kojinsanka%20halleluja%20Mr%20Haendel%202009.html

よろしくお願いいたします。

ジョイントコンサート国際委員会 

投稿: 垣沼佳則 | 2009年5月 1日 (金) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/12767850

この記事へのトラックバック一覧です: 今週末はメサイア演奏会:

« ジョアン・ジルベルトへの旅 5 | トップページ | 市民が問われる »