« エミール・ガレとドーム兄弟展 | トップページ | このWeb2.0がすごい »

今年一番ショックだったこと

日々、いいことも悪いことも合わせて、淡々と暮らしている。あまり起伏のない生活といっていい(そういう暮らしを心がけてもいる)。今年もそんな一年だった。

1 ひとつだけ、どうしても残念で、悔しいことがある。15年以上も使ってきたクリスタルのオールドファッション・グラスを不注意から割ってしまったのだ。

CDをかけ、本を読みながらバーボンのソーダ割りを3、4杯飲むという晩酌の時間がぼくは一番好きだ。これまで一緒に多くの時間を過ごしてきて、これからも死ぬまで使うつもりだったグラスを失ったショックは言葉にしがたい。

写真ではレンズの関係で上部がひろがっているように見えるが、実物は寸胴型。厚底にブルーの球体が浮かんでいるというモダンなデザインがとても気に入っていた。

もう代わりのグラスを買うつもりはない。今はジャック・ダニエルについてきたオマケのグラスで晩酌をしている。

もっと大きなできごともあったはずなのに、こんな小さなことが一番心にひっかかっている。

|

« エミール・ガレとドーム兄弟展 | トップページ | このWeb2.0がすごい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/13054243

この記事へのトラックバック一覧です: 今年一番ショックだったこと:

« エミール・ガレとドーム兄弟展 | トップページ | このWeb2.0がすごい »