« 菅野義孝ライヴ | トップページ | 『敬愛なるベートーヴェン』を観る »

『エコシフト』を読む

近年読んだ本の中で、これほどワクワクさせてくれたものはない。
著者はコピーライターで、プロパーの環境運動家ではない。我々に最も近い立場の方が書いた、環境読本である。したがって、とても読みやすく(コピーライターは「たくさんの人に読んでもらう」文章修行を積んでいる)、説教臭くなく、どこかお洒落で(これが大切だ)、しかも内容は濃く、本物だ。

著者自身の言葉を借りるならエコシフトとは〈人類の生き残りをかけて、人々の認識を変え、社会のしくみや政事のしくみやメディアのしくみを変え、経済のしくみを変えること〉をいう。

著者が関わったさまざまな事例が挙げられているが、「意思表示する→世論を動かす→政策を動かす」という狙いが一貫している。巷間にぎわせたホワイトバンドに対する批判も、この本を読めば、いかに的外れだったかがよくわかる。

ぼくは『オートバイ・ライフ』の中で、オートバイ乗りが意識すべき環境問題についてページを割いた。そこで言いたかったのは、「自分に不都合な情報に目をそむけてはならない」ということだった(これはゴア元副大統領の映画『不都合な真実』というタイトルとも一致する)。

『100万人のキャンドルナイト』を立ち上げるときのようすも書かれている。ぼくは2003年(つまり、第一回)から盛岡のキャンドルナイト実行委員会をつとめてきたので、著者とはどこかでつながっていたことになる。本書にも登場する辻信一さんは一昨年の冬のキャンドルナイトにゲストとしてお招きしている。

キャンドルナイトのシンボルマークをつくったのが葛西薫さんだったということも本書で知った。ぼくの『夜の森番たち』の装丁をしてくださった方だ。ここでもつながっていた。

ぼくが著者から受け取った最大のメッセージは〈政治は嫌だからといって、お休みできるものではありません。政治をお休みすると、それはほかの人への委任になって、そしてそれはたいてい一番嫌な人への委任になってしまい、ますます嫌だなあという方向へひっぱられていきます。それはもうその時点で「裏切られても文句が言えない」ということになります〉という「あとがき」の言葉だ。

2003年、夏。市民団体に推されて、ぼくは市長選に出馬した。そのとき、市政に対する自分の考えと同じくらい強く「投票に行ってください。ぼくに市政をまかせるわけにはいかないという方もその声をちゃんと反映させるために投票所に足を運んでください」とアピールした。一人でも多くの方に政治に参加してもらいたいと思ったからだ。

で、あちこちから「今年はどうするのか」と尋ねられるので、この際、はっきり申し上げておきたい(すでに岩手日報の取材に「出る意志はない」と応え、記事にもなっているのに)。

現在、ぼくは盛岡市行財政構造改革推進委員として、微力ながら市政のお手伝いをしている。所属する文化地層研究会では「まちづくり」を含めた「おもしろい盛岡」を掘り起こす活動をおこなっている。また、盛岡自転車会議の代表として、中心市街地活性化などの「まちづくり」を視野に入れた交通問題に、他の市民団体や岩手大学、岩手県立大学などと共同して取り組んでいる。

今年はこれらの活動をさらに充実させていきたいと思っている。だから、選挙ではこれらの取り組みを理解し、応援してくださる方の裏方としてバックアップしていくつもりだ。

|

« 菅野義孝ライヴ | トップページ | 『敬愛なるベートーヴェン』を観る »

エコロジー」カテゴリの記事

ブナ派」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

拝啓 お返事ありがとうございます。本日近くの書店で「アウトライダー」を探しました。Vol.22は1月11日発売予定,vol.21は在庫切れで(注文してまいりま)した。その書店の通常はあまり立ち寄らないハードカバーの新作コーナーで「銀輪の覇者」を見つけました。ボリュームにびっくり。細かい字と1ページ2段組にさらにびっくり。びっくりしすぎて購入し忘れてしまいました。次のまとまった休暇に拝見したく存じます。敬具

ところでこのようなページでは,斎藤先生(さん)はなんとお呼びすればよろしいのでしょうか?

投稿: 伊東克彦 | 2007年1月 6日 (土) 00時02分

みんな「純ちゃん、純さん」と呼んでますので、どうぞ。
『銀輪の覇者』は長いけど一気に読めるはずです、はい。

投稿: 著者 | 2007年1月 6日 (土) 07時55分

伊東さま
間違いました。首都高ツーリングのことを書いたのは、アウトライダーではなく、今発売中の培倶人です。どうぞよろしく。

投稿: 著者 | 2007年1月 6日 (土) 12時03分

はじめまして トラックバックありがとう
ございました。

斉藤様のプロフィールを拝見しました。
素晴らしい方にトラックバックしていただき
光栄です。

「エコシフト」につづられている市民活動などは
これから、普通の人たちがどんどんと携わって
いくことになると考えています。

一方で、経済格差・都市と地方の格差など
様々な問題が出てくると、普通の人たちが、社会の
問題に取り組むことすら出来なくなってしまうのでは
ないかという危惧もいだいております。

本来は、企業のCSR活動やまたは自治体に頼らずとも
市民が社会のことを考え行動する「豊かさ」がなければ
ならないはずなのです。消費者では収まらない人々の
市民としての感覚を信じています。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: wataru | 2007年1月 7日 (日) 19時01分

wataruさん、どうも。

>経済格差・都市と地方の格差など様々な問題が出てくると、普通の人たちが、社会の問題に取り組むことすら出来なくなってしまうのではないかという危惧もいだいております。

そうなんですよね。「それどころじゃないよ」って、もう現実にそういう声を耳にします。

こういうときだからこそ、と思ってぼくはやっていますけど……。

投稿: 斎藤純 | 2007年1月 7日 (日) 22時31分

純さん,と呼ばせていただきます。「培倶人」(変換しにくい)購読しました。用賀の枻(変換しにくいな!)出版社の雑誌は好きなものが多くわりと購読していますが,「房総半島」が特集だったので店頭でぱらぱらめくっただけでした。昨夏久里浜からフェリーで房総半島を回ってきたのですが,伊豆に比べるとさびれた感じでちょっと残念でしたので。

私は未明に出かけたことはありませんが,休日の早朝と冬の首都高が好きです。すいているからですね。10年位前までは正月はがらがらだったように思いますが,最近都内も首都高も正月でもいつもとそう変わらないようです。それでも普通の時間でのびのび走れて爽快した。

おっしゃるとおり,首都高は夜景が美しいスポットが多いですし都心を俯瞰できるのが魅力です。360度の空間が広がる橋梁周辺では稀有な開放感に浸ることもできますね。ワインディングロードを愛するライダーにとっては,「スリリングな道」も是,といえるかもしれません。しかし事故だけはおこしたくないものです。

純さんは事故,というか安全の確保,に対してはどんな心配りをなさっていらっしゃるのでしょうか。作品の中ではあまり拝見していないような・・・

長々と失礼いたしました。ご健勝をお祈り申し上げます。

投稿: 伊東克彦 | 2007年1月 7日 (日) 22時43分

伊東さん、どうも。

事故の経験がないのは、臆病に走ってきたおかげかもしれません。

投稿: 斎藤純 | 2007年1月 8日 (月) 06時52分

先日はコメントありがとうございました。
ブックカバーに新作が追加されたのでご報告しておきます。小さいですがSRが登場するものもありましたよ。

投稿: 山口 | 2007年1月17日 (水) 15時57分

お知らせ、ありがとうございました。

投稿: 斎藤純 | 2007年1月17日 (水) 20時37分

 「エコシフト」読みました。純さんのブログを見ていて気になったので・・・。
 また、いい出会いを与えてくださいました。ありがとうございました。

投稿: 中年侍W650乗り | 2007年10月 4日 (木) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/13341080

この記事へのトラックバック一覧です: 『エコシフト』を読む:

» ブックカバー [YSP東大宮ブログ]
ペーパークラフトに引き続き、ヤマハサイトのご案内です。年末から新たなる試み!? [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 17時11分

» 2輪車用ETC車載器 [ETC活用レポートバンキング]
2輪車用のETC車載器がいよいよ始まりました!ライダーさんのご意見が届いています! [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 23時28分

» バイクに関する本を読む [Tandem Sheet Destiny]
まだ自動車学校に入校すらしていないというのに バイクへの興味は津々です。しんしん。 そんなワケでバイクに関する本や雑誌にも目を通すようになりました。つい一ヶ月前までのジブンには考えられないコトです。 早速購入したのが、お気に入りの本屋(というかヴィレッジ....... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 00時12分

« 菅野義孝ライヴ | トップページ | 『敬愛なるベートーヴェン』を観る »