« ひまわりコンサート | トップページ | さらば、マックノート彗星 »

岩手とJAZZ

盛岡のジャズ喫茶ジョニーの照井顕さんがプロデュースした秋吉敏子さんの『渡米50周年記念日本公演』がスイングジャーナル誌が主催するジャズ・ディスク大賞の〈日本ジャズ賞特別賞〉を受賞した。発売元のティートックレコーズの金野貴明社長(29)も岩手県一関市出身だ。

その一関市に、世界が認めるジャズ喫茶ベイシーがある。ジャズ・ディスク大賞の大賞を受賞したケイコ・リーの『ライヴ・アット・ベイシー~ウィズ・ハンク・ジョーンズ』はベイシーで録音されたライヴ盤だ。

ジャズ界には岩手の風が吹いている。

ところで、盛岡に生まれ育っていなければ、ぼくはジャズを熱心に聴いていたどうかわからない。十代のころ、盛岡にはジャズ喫茶が6軒ばかりあり、そこに行くことが「大人の世界」を垣間見る冒険だった。そして、冒険を重ねていくうちに、いつの間にかジャズにハマっていた。

そのころの「大人たち」と今もお付き合いがある。ぼくにとっては、学校で教わることよりも大切なことを教えてくれた人たちだ。

|

« ひまわりコンサート | トップページ | さらば、マックノート彗星 »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。照井顕さんとは、陸前高田縁です。東京で看護士をやりながら音楽活動しているへんり未来を紹介、ジョニーに出演してもらったことがあります。そのヘンリの親しい友人で、村上昭夫の詩に曲をつけて歌っていたくつわだたかしさんとはジョニーで何度か会いましたが、2年ほど前に交通事故で亡くなりました。くつわださんの影響で村上昭夫の詩を読む人が増えてきていたのですが(私もその一人でした)、本当に残念です。
なお、照井さんは五木寛之と交流があったそうです。漂泊する民を描いた五木の最高傑作『風の王国』の終わりの方では、登場人物である女性が陸前高田の周辺をテクテク歩く場面があります。照井さんを意識して、陸前高田を登場させたのかもしれません。

投稿: 佐藤竜一 | 2007年1月19日 (金) 13時33分

佐藤竜一さん、どうも。

ジョニーという店名は五木寛之さんの「海を見ていたジョニー」からちょうだいしたもので、後年、五木さんにそのことを照井さんご自身がお話ししたそうです。

投稿: 斎藤純 | 2007年1月19日 (金) 14時38分

そうでしたね。照井さんから、そのことは聞いていました。

投稿: 佐藤竜一 | 2007年1月19日 (金) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/13560901

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手とJAZZ:

» 今週末はジョニー [Smooth Vamps blog]
さてさて、東京から帰ってきてばたばたして、あっという間に今週末は第3土曜日です。 第3土曜日はジョニー。 もうジョニーで月1でライブを始めて3年半ですか。 斎藤純さんのブログで「ジャズ界には岩手の風が吹いている」とありました。 ほんとうに、今、いい時期....... [続きを読む]

受信: 2007年1月19日 (金) 00時11分

» 【JAZZ喫茶】 博多 ジャブの思い出 [ゆっくり生きよう]
有田忍さんのこの商材はいまだに売れているようです。 アフィリエイトを長くやっている人なら、この内容なら誰でも知っていることのようですが、(管理人は知らなかったけど)わかり易く、歯切れが良く、その気にさせてくれるところが味噌ですね。 つい買ってしまいましたが、成果はとりあえず1個。多いのか、少ないのかは判断に迷うところです。 もとが取れればいいという考えならお奨めですが、稼ごう... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 12時40分

« ひまわりコンサート | トップページ | さらば、マックノート彗星 »