« モーツァルトとバッハを聴く | トップページ | 仏ドラマ『ドルメン』 »

盛岡雪あかり

盛岡雪あかりが始まった。去年は大雪でうんざりしていたときに、雪あかりによって慰めを得られたものだ。

秋田のかまくらも、雪を「害」としてとらえるのではなく、「楽しんでしまおう」という発想で始まったに違いない。昔の人の「自然との共存」を伝える知恵のひとつだ。

291582_1473700462 雪あかりにも、それに通じるものを感じていたのだが、どうも違うようだ。今年は暖冬で雪がないから、わざわざ雪を運んできての開催だ。「はじめに雪ありき」ではなく「はじめにイベントありき」なんですね。「自然との共存」という発想はそこにはない(写真は去年のものです)。

今年は雪が降らないので「雪あかり」は中止という判断がどうしてできないのだろうか。雪不足で「雪あかり」が開催できないのは寂しいが、無理やり雪を運んできてまでやることのほうが、ぼくにはもっと寂しいことのように思える。

|

« モーツァルトとバッハを聴く | トップページ | 仏ドラマ『ドルメン』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/13718794

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡雪あかり:

» もりおか雪あかり [101Blog]
今日から2月の3日までの期間、「もりおか雪あかり」が開催。「もりおか雪あかり」... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 22時38分

« モーツァルトとバッハを聴く | トップページ | 仏ドラマ『ドルメン』 »