« 飛行機の話 | トップページ | 後藤美術館展 »

立原道造 盛岡ノート

待ち望んでいた立原道造「盛岡ノート」が再刊された。

立原道造は1938(昭和13)年9月から10月まで盛岡の画家・深沢紅子の別荘に滞在した。そのときの「東北旅行」を綴ったノートがこれだ。
この本は昭和53年に第1版第1刷が発行されている。そのいきさつはこの本の解説に記されている。

Photo_4 「盛岡ノート」は作品化する以前の素描だ。だから、あるいは天国の立原は読まれるのを好まないかもしれない。けれども、ぼくたちにとっては、立原の飾らない言葉に触れることができる素敵な本だ。研究家にとって一級の資料(レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿がそうであるように)といえるだろうし、未完成とはいえ、上質な文学作品でもある(宮沢賢治の多くの作品がそうであるように)。

立原道造が「僕の愛したちいさな町」と、盛岡のことを書き残してくれたことに改めて感謝したい。

立原道造「盛岡ノート」

発行日:再刊 第1版第1刷 平成19年1月27日

発行:盛岡ノート刊行委員会(代表池田克典)

出版:株式会社東山堂

印刷:株式会社杜陵印刷

定価:980円

付録の地図も便利だ。これから「盛岡ノート」を手に、散歩をしてこようと思っている。

|

« 飛行機の話 | トップページ | 後藤美術館展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

立原道造が盛岡に逗留していたことは、書簡集で知っていました
それがこういう本になっているとは嬉しいです
さっそく手に入れましょう
TBしました

投稿: えみ丸 | 2007年1月25日 (木) 07時56分

おはようございます。
私の「夢見たものは・・・永遠の24歳」の日記に
トラックバック頂きましてありがとうございます。
復刊されるのを待ち望んでいた方も沢山いたでしょう。
東山堂書店で発売ということですが、
取寄せてでも手に入れたい本ですね。

投稿: bikki | 2007年1月25日 (木) 08時37分

bikkiさん、わざわざどうもありがとう。
ようやくでました、という感じです。いい本に仕上がっています。

投稿: 斎藤純 | 2007年1月25日 (木) 09時08分

早速調べたのですが、盛岡の「東山堂」でみても在庫にありません
これから出版されるのでしょうか? 
それとも、まだHPに出していないだけかしら?
手にしないままになりたくないので、どこで手に入るか教えてください

投稿: えみ丸 | 2007年1月26日 (金) 10時21分

えみ丸さん、東山堂書店の店舗で扱っています。

投稿: 斎藤純 | 2007年1月26日 (金) 20時04分

 今回の杉本さんの手による装丁は、むかしむかしのビスケットの味。バターやお砂糖たっぷりのクッキーじゃなくて、少し固くてほんのり優しい甘さのビスケット。この盛岡ノートを読むと、中津川のほとりで働いているというのに、盛岡へ旅に出かけたくなりました。「この風景のよろこび」を吸い込みたくて。
 ちなみに東山堂書店さんの他に「もりおか啄木・賢治青春館」と「プラザおでって2F」でも取り扱っておりますよ。

投稿: かおりん | 2007年2月 3日 (土) 00時40分

かおりんさん、情報、どうもありがとうございました。

投稿: 斎藤純 | 2007年2月 3日 (土) 07時49分

ご紹介ありがとうございました。
早く手に入れたいと思ったのですが、ジュンク堂では見つからず、
たまたま大通りのさわや書店に行ったら平積みされていました^^
とても素敵な装丁で、ずっと大切にしたい本ですね!

投稿: 小仙 | 2007年2月 7日 (水) 22時07分

小仙さん、わざわざありがとうございました。

投稿: 斎藤純 | 2007年2月 8日 (木) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/13620131

この記事へのトラックバック一覧です: 立原道造 盛岡ノート:

» ヒアシンスハウス [冬の虹]
立原道造より続く    カタログ 「立原道造」は詩人として知られているが、もう少し長生きしたら建築家としても名を馳せたのではないだろうか・・ 東大建築科在学中に「辰野金吾賞」を3回も受賞している その彼が、自分の夢を託した「ヒアシンスハウス」が昨年有志によって建てられたそうだ コレは立原好きの私も知らなかった    カタログより 彼はかなり手紙にマメで書簡集もある その中に「ヒアシンスハウスのエスキース入りの手紙」が何通もある 彼は神保光太郎を慕い、彼の住む「浦和・別所沼のほとり」に自分も... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 07時52分

» 立原道造「盛岡ノート」(再刊版) [小仙の徒然日記]
発行:盛岡ノート刊行委員会 出版:株式会社東山堂  定価:980円 昭和13年に立原道造が盛岡に滞在したときのことを書いたものです。「盛岡ノート」は昭和53年にかわとく壱番館から出版されたそうなのですが、その後絶版となっていました。古本屋で購入したらさぞかし高...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 22時08分

« 飛行機の話 | トップページ | 後藤美術館展 »