« 後藤美術館展 | トップページ | アイルランド本を読む »

今週末は「ヨハネ受難曲」演奏会

昨日の坂田明「ひまわり」コンサートは胸が熱くなるコンサートだった。全人生・全人格がその音楽に凝縮されている。語り伝えたいことをしっかりと持っている人の音楽は強く、美しい(もちろん、小説もそうだが)。

何だか、「しっかりやれよ」とガツンと一発喝を入れられた感じがした。

さらに今週は1月28日(日)に楽しみな演奏会がある。盛岡バッハカンタータフェラインによる『ヨハネ受難曲BWV245』だ。『ヨハネ受難曲』は、『マタイ受難曲BWV244』、『ロ短調ミサ曲BWV232』、『クリスマスオラトリオBWV248』とともにバッハの四大宗教曲とも呼ばれる傑作だ。

指揮はオーボエ奏者でドイツ・バッハゾリステンを主催しているヘルムート・ヴィンシャーマン氏。盛岡バッハ・カンタータフェラインはヴィンシャーマン氏と何度か共演している。密度の濃い、息のあった演奏が期待できるだろう。

日時:2007年1月28日(日) 開演15:00(開場14:30)

場所: 岩手県民会館大ホール

指揮: ヘルムート・ヴィンシャーマン

独唱: 五郎部俊朗(福音史家),多田羅迪夫(イエス),小原浄ニ(ピラト,ペテロ),井上しほみヘラー(ソプラノ),佐々木まり子(アルト),鏡貴之(テノール),佐々木直樹(バス)

合唱: 盛岡バッハ・カンタータ・フェライン(合唱指揮 佐々木正利)

管弦楽: 東京バッハ・カンタータ・アンサンブル

チケット:S席 6000円(指定),A席 4500円(指定),B席 3000円(自由)

|

« 後藤美術館展 | トップページ | アイルランド本を読む »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/13641480

この記事へのトラックバック一覧です: 今週末は「ヨハネ受難曲」演奏会:

» 今週末はヨハネ [Smooth Vamps blog]
さてさて、やってきました。ヨハネウィークです。 今日から四日間、ヨハネ漬けです。 嬉しいのは、例によって斎藤純さんのブログで取り上げられていることですかね。 最近ご縁があるような気がする…。 今日はフェラインファミリーのおじいちゃん、ヴィンシャーマン....... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 08時06分

« 後藤美術館展 | トップページ | アイルランド本を読む »