« 『印象派絵画と文豪たち』を読む | トップページ | 『ドリームガールズ』を観る »

フルートを聴く

バロック・フルート奏者の前田りり子さんから、下記、ご案内をいただきました。これはぜひ聴きたい。

 この度、単行本「フルートの肖像」を刊行したのを記念して、リサイタル・シリーズ 「フルートの肖像」を企画いたしました。ルネッサンスからロマン派まで、普段なかなか取り上げられることのない知られざる作曲家にもスポットを当て、楽 しいお話を混ぜながらヴァリエーション豊かなフルート音楽を聴いていただく予定です。
 末長いシ リーズにできたらと思っていますが、まず 第一弾は「オトテールの時代」と題して、バロック・フルート誕生直後のフランス音楽を取り上げて見ました。ルイ14世の壮麗なヴェルサイユ宮廷社会を彷彿させ る、艶やかだけどちょっとメランコリックなフルート音色を、ヴィオラ・ダ・ガンバ、テオルボ、バロック・ギターの響きとともに、しっとりとお楽しみ下さ い!

 詳しくは「りり子の部屋」のリサイタルのページをご覧下さい。
http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/lililko.html

前田りり子/リサイタルシリーズ「フルートの肖像」
  Vol.1 オトテールの時代
2007年5月13日(日) 14:30 開演
東京オペラシティ「近江楽堂」
前売り:3500円 当日:4000円
フルート:前田りり子
ヴィオラ・ダ・ガンバ:福沢 宏
テオルボ/バロック・ギター:竹内太郎

 J.M.オトテール: 組曲集第1巻より 第3番 ト長調 作品2の3
 M.ド・ラ・バール: 組曲集第1巻より 第5番 二短調 作品1の5
 J.M.オトテール: エールとブルネット集より
 C.B.ボワモルティエ: 組曲第1番 ホ短調 作品35の1
 L.A.ドルネル: 組曲第2番 ロ短調 作品2の2
 スペインのファリアによる即興
 J.M.オトテール: 組曲集第1巻より 第4番 ホ短調 作品2の4

前田りり子さんのコンサートをぼくは2005年に聴いています。「目と耳のライディング」第94回をご笑覧ください。



|

« 『印象派絵画と文豪たち』を読む | トップページ | 『ドリームガールズ』を観る »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/14289095

この記事へのトラックバック一覧です: フルートを聴く:

« 『印象派絵画と文豪たち』を読む | トップページ | 『ドリームガールズ』を観る »