« 遠野ブランド「トネーゼ」発進! | トップページ | 盛岡が舞台のラジオドラマ放送 »

お知らせ

NHK日曜美術館30年展(「目と耳のライディング」第147回、朝日新聞岩手版「みちのくつれづれ」)とビートルズ(「デジタルな旅、アナログの道」)のことを書きました。

|

« 遠野ブランド「トネーゼ」発進! | トップページ | 盛岡が舞台のラジオドラマ放送 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

中学生の頃に、いわゆる「WHITE ALBUM」を聴いた時に「何て不条理なアルバムだ!」って感じました。背伸びしたいお年頃ならではの印象に、懐かしさと生意気さといじらしさを覚えます。この1ヶ月、またこのCDをiーpodで聞き込んでます。当時はなまっちょろい気がしてた「I will」が今一番のお気に入り。

投稿: かおりん | 2007年4月19日 (木) 00時05分

かおりんさん、どうも。
なるほど。もう一回、改めて聴いてみたくなりました。

投稿: 斎藤純 | 2007年4月19日 (木) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/14710453

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:

» 京都市美術館 [京阪電車 時刻表]
京都市美術館  大エルミタージュ美術館展  いま蘇る巨匠たち 400年の記憶 大エルミタージュ美術館展 〜ヴェネツィア派からモネ、ゴーギャン、ルノワール、ピカソまで [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 09時35分

« 遠野ブランド「トネーゼ」発進! | トップページ | 盛岡が舞台のラジオドラマ放送 »