« 『ダーウィンの悪夢』を観る | トップページ | お知らせ »

『不都合な真実』を観る

ゴア元副大統領の講演を映画化した『不都合な真実』を観た(映画に先立って刊行された本については、12日24日のブログに書いた)。

こういう影響力のある方が、地球温暖化問題に積極的に関わり、人類史上最大の難問をわかりやすく、解説してくれるというところがアメリカの底力なのかもしれない。

これは主にアメリカ人に向けた内容なので、京都議定書を発効した国々は善であり、加わっていないアメリカ(もっと言うなら、ブッシュ政権のアメリカ)は悪であるという論調に貫かれている。

だが、その日本が果たしてどれだけのことをやっているのか。ゴア氏が京都議定書に触れるたびに、ぼくは居心地の悪い思いを味わった。

ゴア氏は「地球温暖化は政治問題だ」と断言する。そして、この問題に積極的な政治家に投票するように進言している(いないときは、立候補してください、とも)。

アメリカでは大統領選挙をひかえている。この映画そのものが、今度の大統領選挙に向けての戦略に組み込まれているのだろうか。

日本には、ゴア氏のようにかっこいいスーツ姿の環境活動家を「うさん臭い」とする風潮がないではない。環境運動家は「ビンボ臭い格好をしている」という先入観にとらわれているのだ。寂しく、貧しい発想だ。日本にも辻信一さんや坂本龍一さんのように、カッコいい環境活動家がたくさんいる。

P3290018 ところで、この映画を上映している盛岡フォーラムでは、映画の内容を伝える掲示板(左の写真)が設置してあり、地元岩手日報の記事も貼ってあった。こういうセンス、ぼくは好きです。

ぼくが日頃心がけていることはここに書いておいた。

|

« 『ダーウィンの悪夢』を観る | トップページ | お知らせ »

ブナ派」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/14457347

この記事へのトラックバック一覧です: 『不都合な真実』を観る:

» 水と風をみにツー3。郡山布引「風の高原」 [ぴんぼけ日記]
会津布引山に到着、視界が開けた。なんじゃこりゃ! 風力発電の風車だらけ! あまりの豹変ぶりに驚いた。これがあの寂しさ漂う会津布引山??? なんか狐につままれたよう。高原にはあちこちにキガラシ(緑肥)がちょうど見ごろになっていて、黄色の絨毯のようだった。風力発電とパッチワークのような畑の取り合わせは絵になるな。とりあえず記念写真を撮って展望台へ。高原内には国内最大の33基の風力発電が並ぶ壮観さ。すげ~な。観光客もひっきりなしにやってくる。新たな観光地「風の高原」として課題は多いけど第一段...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 13時10分

« 『ダーウィンの悪夢』を観る | トップページ | お知らせ »