« 『ラブソングができるまで』を観る | トップページ | 負の遺産 »

『クィーン』を観る

クィーン』を観た。

王室に興味はない。英国にかぎらず、日本の皇室にも特に興味はない。

が、ダイアナ元妃が亡くなられたときは「そんな馬鹿な」という思いがし、悲憤に襲われた。

その悲しみと怒りの深さゆえ、あのときの英王室の対応のまずさとそれに対するバッシングについては、もうどうでもよかった。

これは(ぼくにとっては)どうでもよかったことを描いた映画だ。

が、おもしろかった。もとになった事実を離れて、映画としての出来が素晴らしい。ヘレン・ミレンはハマリ役。

以下雑談。

ご自分の領地内とはいえ、SPもつけずにご自分運転するローヴァーで走りまわる女王の姿をみて、日本とのあまりの違いに驚いた。
そのうち、ダイアナの側から描いた映画もできるんだろうなあ。

|

« 『ラブソングができるまで』を観る | トップページ | 負の遺産 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/15174914

この記事へのトラックバック一覧です: 『クィーン』を観る:

« 『ラブソングができるまで』を観る | トップページ | 負の遺産 »