« 自転車祭り | トップページ | 菅生雅文『どうせ一度の人生だ』 »

『今宵、フィッツジェラルド劇場で』を観る

今宵、フィッツジェラルド劇場でを観た。

ロバート・アルトマン監督は自分の死期を悟っていたのだろうか。そうとしか思えないような、あまりに暗示的な遺作。

エドワード・ホッパーの〈ナイト・ホークス〉を想わせる食堂のシーンから、いかにもアメリカ人が好きそうなファンタジーがはじまる。探偵の名前がガイ・ノワールというのもニヤリとさせる。(ガイはタフガイ、ノワールはフィルムノワールやセリノワールからとっている)。

物語はファンタジーだけれど、音楽(カントリー&ウェスタン)は徹底したリアリズムに貫かれている。この映画がゆるまず、最後まで「みせる」のは、その音楽に支えられているからだ。

ついでに、ヴァージニア・マドセンの声がマドンナに似ている(彼女は歌うシーンはないので、話し声です)ことを発見した。そういえば、顔も似ているかもしれない。

それにしても、昨年から今年にかけて音楽映画が豊作だ。

|

« 自転車祭り | トップページ | 菅生雅文『どうせ一度の人生だ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/15165456

この記事へのトラックバック一覧です: 『今宵、フィッツジェラルド劇場で』を観る:

« 自転車祭り | トップページ | 菅生雅文『どうせ一度の人生だ』 »