« 斎藤純が選ぶ100冊フェア | トップページ | NHK-FM »

シェーンベルク、再び

前にシェーンベルクが好きだと書いた
バッハ演奏で知られるグレン・グールドはシェーンベルク弾きでもあった。そのグールドがカナダ放送協会で「シェーンベルク連続放送」というラジオ番組のつくっている。グールド自身の台本、出演、ピアノ演奏による連続講座だ。

この放送が本になっているのは知っていたが、残念なことに日本語訳が出ていなかった(こういうとき、英語や仏語ができる人を心底羨ましく思う)。何とかして読みたいと思いつつ半ば諦めていたら、今春、『グルードルのシェーンベルク』の邦題で訳書が出た。筑摩書房は偉いです。
これを少しずつ読みながら、シェーンベルクを聴く。最高の贅沢である。



目と耳のライディング」と「デジタルな旅、アナログの道」を更新しました。

|

« 斎藤純が選ぶ100冊フェア | トップページ | NHK-FM »

クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/15564778

この記事へのトラックバック一覧です: シェーンベルク、再び:

« 斎藤純が選ぶ100冊フェア | トップページ | NHK-FM »