« パリジャンのエスプリ | トップページ | 盛岡市長選はじまる »

さようなら、服部まゆみさん

服部まゆみさんの訃報に接し、『一八八八切り裂きジャック』をまっさきに思いうかべた。 ぼくの大好きな作品なのだ

有名な「切り裂きジャック」の史実を扱った、濃厚な時代ミステリだ。エレファントマンなど19世紀当時のロンドンのようすが活写されていて、読み応えがある。この本で犯人とされている人物は、すでに歴史が「シロ」と認めている。
そんなことは服部まゆみさんだって百も承知の上で、この小説をお書きになったのだと思う。結論が史実に反しているにもかかわらず、説得力があるのだから、豪腕というべきだろう。

服部まゆみ。1948年東京出身。1987年、『時のアラベスク』で横溝正史賞受賞。2007年8月16日、肺癌で死去。

ご冥福をお祈りします。

|

« パリジャンのエスプリ | トップページ | 盛岡市長選はじまる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/16175608

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、服部まゆみさん:

« パリジャンのエスプリ | トップページ | 盛岡市長選はじまる »