« まちぐるみエコ交通転換社会実験はじまる | トップページ | カルメン・マキを聴く »

明日は無料観覧

岩手県立美術館からのお知らせ

9月17日(月・祝)は敬老の日につき、65歳以上の方は企画展および常設展を無料でご覧いただけます。1階総合受付カウンターにて年齢の分かるものをご提示いただき、無料観覧券をお受け取りください。

この機会にご家族そろって、ぜひお出掛けください。

|

« まちぐるみエコ交通転換社会実験はじまる | トップページ | カルメン・マキを聴く »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 純さん、こんばんは。
 昨日は、不躾なコメントに2件ともご返事をいただき、誠にありがとうございました。光栄の極みであります。
 今日もコメントさせていただきます。
 純さんのご著書には、よく美術作品が登場しますが、そのことに関しては拙者は今まで無関心でありました。
 拙者が、唯一、心を動かされる作品は、山下清の「長岡の花火」だけです。何故か、この作品の川面に映る花火は、山下画伯の心の清らかさを表しているようで、何回みても感動いたします。きっと、心の美しい人にしか、あの光景はみえないのだと思います。拙者の心の川面に、あの花火が映るか、一度実物を見てみたいと思っています。
 閑話休題。
 拙者の住んでおります。愛知県にも愛知芸術文化センターというとても立派な建物があります。しかし、何回足を運んでも、一度も感銘を受けたことがありません。それどころか、足を運ぶ旅に「仏つくって魂入れず」という言葉が浮かび、こんなハードだけ立派な美術館は不要じゃないかと逆に怒りさえ覚えてしまっていました。
 拙者の感受性が足りなかっただけかも知れません。自分の思い込みをアンインストールして、もう1回、足を運んでみようと思います。今日のブログもそうですが、純さんの作品は、いろいろなきっかけをつくってくれます。ありがたい限りです。
 あと、ご多忙の身と存じますので、拙者の拙いコメントなどにわざわざご返事いただかなくとも、適当に読み流していただくだけで結構でございますよ。
 でも、たまにはご返事いただけると嬉しいなあ。

投稿: 中年侍W650乗り | 2007年9月16日 (日) 19時36分

中年侍W650乗りさん>宮本武蔵は優れた水墨画家でもありました。侍つながりで、ご覧になってはいかがでしょうか。

投稿: 斎藤純 | 2007年9月17日 (月) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/16465373

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は無料観覧:

« まちぐるみエコ交通転換社会実験はじまる | トップページ | カルメン・マキを聴く »