« 江戸の極楽とんぼ | トップページ | 中津川の鮭 »

秋田県増田町(横手市)の取り組み

IAT岩手朝日テレビの「学びの旅倶楽部」で秋田県の増田町へ行ってきた。
県道沿いの町並みは、田舎の小さなありふれたそれである。だが、建物のなかに入ってみると……。

リンク先の説明にあるように、かつてこのまちは豪商で栄え、競い合って豪奢な漆蔵を建てた。増田町の蔵が変わっているのは、それを「さや」(平泉金色堂を覆っている建物と同じようなもの)で覆ってしまっていることだ。
だから、表からは蔵があることさえわからない(写真はこちら。写真集を買ったので、蔵の写真はあまりありません)。ガイドさんの説明もとてもおもしろく、ためになった。

まちの人々が自分たちの「宝」に気づき、活用しようとしている姿は、盛岡の鉈屋町が町家を見直している活動と重なるところがある。

|

« 江戸の極楽とんぼ | トップページ | 中津川の鮭 »

地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/16838479

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田県増田町(横手市)の取り組み:

« 江戸の極楽とんぼ | トップページ | 中津川の鮭 »