« 矢巾町民劇場~シンポジウム出席 | トップページ | NPO環境市民からの声明 »

盛岡の交通を考える

昨日のシンポジウムはやはり富山からの特別ゲスト森市長の講演がおもしろかった。もともと軌道鉄道があった富山と盛岡では条件が違いすぎるが、とても参考になるお話だったし、なによりも森市長のパワフルなことに感銘を受けた。

この種の集まりは150人入れば立派なものだと思っていたが、なんと300人もの方にいらしていただいた。関心の高さがうかがえる。
『ペダリスト宣言!』のサイン入り販売(東山堂書店が出店)も30冊ほど売れました。ありがとうございました。LRT関連書籍もずいぶん出ていたようです。

今週末(16日)は『自転車の安全と適正利用を考えるシンポジウム』があり、盛岡自転車会議からは佐々木芳美事務局長が出席する。佐々木さんは今年4月から施行される盛岡自転車条例の制定に民間の立場で長くかかわってきた方だ。

盛岡自転車会議と岩手県立大学との共同研究の中間報告も興味深い。ぜひご参加ください。

|

« 矢巾町民劇場~シンポジウム出席 | トップページ | NPO環境市民からの声明 »

地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/40086574

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡の交通を考える:

« 矢巾町民劇場~シンポジウム出席 | トップページ | NPO環境市民からの声明 »