« たざわこ芸術村へドライヴ | トップページ | 『アメリカン・ギャングスター』を観る »

自転車の似合うまち盛岡へ

先週のシンポジウムにつづいて、昨日のシンポジウム も中身の濃いものだった。
ことに藤本渉太さん(岩手県立大学総合政策学部 4年生)の研究報告が秀逸だった。元田教授によるパリ、ベルギー、オランダの先進事例報告からは、いかに日本が自転車後進国であるかをまざまざと思い知らされた。
今後は「なぜ、あの国ではできたことが日本ではできないのか」を検証し、その対策を考えていく必要があるだろう。いつまでも先進事例に溜息をついてばかりいても仕方がない。
パネルディスカッションはせっかくいい顔ぶれがそろったのに、時間が短くて残念だった。

|

« たざわこ芸術村へドライヴ | トップページ | 『アメリカン・ギャングスター』を観る »

自転車」カテゴリの記事

コメント

「盛岡市内の小中高生の自転車利用に対する意識や実態」
藤本渉太氏 岩手県立大学総合政策学部 4年生

タイトルだけで興味を引きました。しかし15分じゃ足りなかったでしょうね。どこかに抄録でもいいからUPしてくれないかなあ、と思いました。

投稿: dunkel | 2008年2月17日 (日) 20時40分

dunkelさん>盛岡タイムスに短い記事が掲載されましたので、リンクしておきました。

投稿: 斎藤純 | 2008年2月18日 (月) 08時12分

どうもお手数をおかけしました。
思っていたよりもずっと、接触事故の経験率が高くて驚きました。自転車に乗り始めるころに、きちんとルールを教えていかなくてはならないのでしょうね。自転車による事故も結構報道されていますし。

投稿: dunkel | 2008年2月19日 (火) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/40155900

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の似合うまち盛岡へ:

« たざわこ芸術村へドライヴ | トップページ | 『アメリカン・ギャングスター』を観る »