« 盛岡の交通を考える | トップページ | スケジュール »

NPO環境市民からの声明

NPO環境市民が出した声明を転載します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 再生プラスチック偽装について
  今こそ 3R 優先順位の再認識を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 またも環境偽装が発覚した。
 2月8日、三井化成ファブロ株式会社が、再生プラスチックの配合率 を偽った製品を、2000年以降最近に至るまで出荷していたことが 判明した。
(詳細)同社ウェブサイト
 http://www.fabro.co.jp/update.htm

 1月の古紙偽装に続き、日本企業の社会責任や法令遵守に対する意識 のあまりの低さに愕然とさせられる。「偽装」とはいうが、納入先の調達基準に満たない製品を「適合」と偽って納入し、代金を得ていたのなら、これは詐欺以外の何者でもない。また、最終製品が国や自治体に納入先されていたなら、結果として税金が搾取されていたわけで、そのことを社会は重く受け止めるべきである。

 当該社においては、責任の所在の明確化や他製品に関する調査結果の 早期公表、再発防止策の提示など、やらねばならないことが山ほどある。とりあえず、対応を見守るとともに、業界他社が同様のことをしていないことを念じたい。

 さらに、この件に関して、訴えたいことがある。
 再生プラスチックにも偽装があった。だからといって「プラスチック のリサイクルなどやめて、焼却し熱エネルギーを回収すればよい」といった風潮になびくべきではない。今こそ3Rの原則に立ち返り、その優先順位を確認するべきである。

 まずはReduce(減量)。これだけ拡大したプラスチック消費を見つめ直し、発生抑制を考えねばならない。
 次にReuse(再使用・リユース)。簡単な修理や洗浄、またはそのまま使えるものは何度も使う。個人の心がけではなく、社会的なリユースの推進およびシステム構築が必要である。
 そして3つめにRecycle(リサイクル)。これにも原料資源として再利用するマテリアルリサイクルと、焼却して熱エネルギー回収するサーマルリサイクルがあり、前者の優先順位が高い。
 この優先順位は国際的な認識になりつつあるだけでなく、日本でも循環型社会形成基本法で規定されている。現状、日本でこの優先順位は絵空事のように扱われているが、それでも、なぜ、このような優先順位があるのか考える必要がある。

 仮に、ごみ処理を市場原理に委ねるだけでは低きに流れるばかりで、 使い捨て社会を助長する。各地で、自治体による容器包装プラスチック の分別収集が始まっているが、今後もマテリアルリサイクルの限界や問題が明らかになってくるだろう。このような時こそ、低きに流れるので はなく、あらためて、Reduce(減量)やReuse(リユース)など、より優先順位の高い対応の実現に何が必要か考えるべきであ る。
 今回の事件が、より本質的な対応を社会が志向するきっかけとなるよう、声を大にして訴えたい。     [2008年2月10日(日)午前 現在]

<本声明について>
・NPO法人環境市民という出典を明記した上で転送、引用してください。
・内容に関するお問い合わせ、取材申込みは京都事務局までお願いします。

------------ 環境市民の応援お願いしま す!---------------
こうした情報発信や、さらなる活動展開のためには、みなさんからのご支援が必要です。ぜひ会員になっていただき活動を支えてください。
(ご入会)http://www.kankyoshimin.org/jp/member/member.html
(ご寄付)http://www.kankyoshimin.org/jp/hotnews/projectfundrasing.html

|

« 盛岡の交通を考える | トップページ | スケジュール »

ブナ派」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/40095979

この記事へのトラックバック一覧です: NPO環境市民からの声明:

« 盛岡の交通を考える | トップページ | スケジュール »