« ギター購入 | トップページ | バンテージ・ポイントを観る »

マヌーシュ・スウィングを聴く

相変わらずこのごろはマヌーシュ・スウィングの日々である。独特の前ノリの速弾きのリードギターと、ザッザッと(決して軽くなく、もちろん絶対に重くなってはならないが、存在感のある)リズムギターとウッドベースが基本スタイル。これにヴァイオリンやアコーディオンが加わる(ときとしてクラリネットも)。
何とも言えない哀愁と、フレンチの香りが漂う曲調は、どこか懐かしさを誘う。一聴、お洒落なカフェミュージックだが、聴き込めばブルーズに通じるものがあることに気づく。

ジャズをクリックすると他のアルバム紹介もあります。

|

« ギター購入 | トップページ | バンテージ・ポイントを観る »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

ブルー「ズ」というキーワードで聴いてみたくなりました。
アルバムを手にする前の空想って楽しいものです。
そして空想力煽る管理人様の文はさすがです笑。

投稿: ふ゛り | 2008年3月27日 (木) 07時45分

ぶりさん、どうも。
実はマヌーシュ・スウィングのバンドにリズムギターで加入しました。リードギターはここらでは名の知られたブルーズ・ギタリストですが、いつのまにかマヌーシュ・スウィングの名手に!
やはり、通じるのもがあるような気がします。

投稿: 斎藤純 | 2008年3月27日 (木) 08時00分

「マヌーシュ・スウィング」
奏者(バンド)名かと思っていたら音楽形態の一つなのですね。
最近人と音楽の嗜好について話すことがあったのですが、音楽とはなんて多彩であり、感じるところが人それぞれなのだろうという話題になりました。
その時代の自分にはピンと来なかった音楽が、何年かして急に心に入ってきたり、かくも不思議なものだなと。
とりあえずAmazonの安め(笑)の盤をポチっとしてみます。

投稿: ふ゛り | 2008年3月28日 (金) 07時43分

マヌーシュは、日本ではジプシーと呼ばれています。

>その時代の自分にはピンと来なかった音楽が、何年かして急に心に入ってきたり、かくも不思議なものだなと。

そうなんですよ。絵画にも同じことがいえますね。

投稿: 斎藤純 | 2008年3月28日 (金) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/40610098

この記事へのトラックバック一覧です: マヌーシュ・スウィングを聴く:

« ギター購入 | トップページ | バンテージ・ポイントを観る »