« 明日午前11時から | トップページ | 司馬遼太郎が見た岩手 »

『ジプシー・キャラバン』を観る

ジプシー(ロマ)はインドからヨーロッパ各地に散っていった流浪の民だ。彼らは東欧で、スペインで、フランスで、それぞれの国の音楽を取り入れつつ独自の音楽をつくった。

ジプシー・キャラバン』は、ジプシーのルーツであるインドの楽団と、東欧、スペインの楽団のアメリカ・ツアーのドキュメンタリー。
ツィガーヌやフラメンコが好きな人には「観るべき映画」と言っていい。それらの音楽に接したことのない人なら、なおいっそう新鮮な驚きを得られるに違いない。映画『僕のスウィング』でも、マヌーシュ・スウィングと他のジプシー音楽の共演が見られて面白かったが、さらに濃密な世界が味わえる。
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』と共に生涯に渡ってつきあえる映画と出会えた。

盛岡でもぜひ上映してほしい。


|

« 明日午前11時から | トップページ | 司馬遼太郎が見た岩手 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/40322161

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジプシー・キャラバン』を観る:

« 明日午前11時から | トップページ | 司馬遼太郎が見た岩手 »