« 司馬遼太郎が見た岩手 | トップページ | メガネの松田のCMで »

ミュゼットを聴いたり読んだり

『パリ・ミュゼット物語』を読んだ。
シャンソンをインストでやっているのがミュゼットだと思っていたら、そうではなかった。ミュゼットという独立した音楽なのである。
マヌーシュ・スウィングのゴッドハンドジャンゴ・ラインハルトも ミュゼット・バンドで弾いていたばかりでなく、作曲もしていたという。
これ一冊でミュゼットのすべてがわかる。アコーディオン好き、マヌーシュ・スウィング好きにもお薦めの一冊だ(残念ながら、現在は入手困難)。

そういえば、フランシス・レイが「アコーディオン音楽から影響を受けた」と何かのインタビュー記事で読んだ記憶があるが、きっとミュゼットのことだったのだろう。フランシス・レイが盲目のアコーディオン弾きの役で出ていた映画があった。う~ん、タイトルを思い出せない。

|

« 司馬遼太郎が見た岩手 | トップページ | メガネの松田のCMで »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/40155703

この記事へのトラックバック一覧です: ミュゼットを聴いたり読んだり:

« 司馬遼太郎が見た岩手 | トップページ | メガネの松田のCMで »