« 早川式シャープペンシル | トップページ | ヒノテルを聴く »

『レンブラントの夜警』を観る

http://eiga.com/official/nightwatching/

『夜警』には隠された意味があった、というストーリー。

といってもイコノロジーとは異なり、殺人事件の陰謀をレンブラントがこの絵で告発しているというミステリー劇。 ここであえて「劇」と書いたのは、まるで舞台劇を観ているようなつくりだったからだ。徹底的なフロンタリティ(佐々木英也岩手県立美術館館長によると、真っ正面からの構図のこと。ルネサンスからバロックの時期に好まれた)ゆえである。

ストーリーはけっこうエンターテインメントなのだが、描き方がまったくエンターテインメントじゃないので、この映画は歓客を選ぶだろう(実際は映画は観客を選べないわけだが←これは小説も同じ)。 同じストーリーでハリウッドがつくった映画を観てみたい。

*音楽が素晴らしかった。サントラを手に入れようと思ったのだが、どうや出ていないようだ。

|

« 早川式シャープペンシル | トップページ | ヒノテルを聴く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/41657275

この記事へのトラックバック一覧です: 『レンブラントの夜警』を観る:

« 早川式シャープペンシル | トップページ | ヒノテルを聴く »