« ヒノテルを聴く | トップページ | 『街もりおか』7月号ができました »

『自転車をめぐる冒険』を読む

ほどよい脱力感がいい。ドロンジョーヌ恩田のツッコミも素敵。

しかし、中身は決して軟弱ではない。言いたいことをズバっと言って、痛快である。
こういう本が、自転車文化の成熟を促進する(←この本にこういう力みは似合わないけど)。



|

« ヒノテルを聴く | トップページ | 『街もりおか』7月号ができました »

自転車」カテゴリの記事

コメント

貴著「ペダリスト宣言!」を大変興味深く読んでおります。
その中に、水彩画の道具を揃えるときにアルウィン・クロンショーの教本を参考にした…との一節がありますね(p.76)。私も、彼の教本に導かれて水彩画を始めたものですから、懐かしくなって、このコメントを書く気になりました。
私も、日本で、自転車・サイクリングの普及をもっと図りたい)と思って、いろいろやっておりますが(ツアー・オブ・ジャパン、自転車文化センターなど)、その一環として、自然に調和する自転車をアピールする水彩画を描くこともあります(ホームページに掲載しております)。
 日本で、ペダリストをもっともっと増やすため、今後一層のご活躍を期待しております。いずれにしても、自転車、水彩画、音楽。同好の士とお見受けしましたので、よろしくお願いします。

投稿: 阿部毅一郎 | 2008年7月 7日 (月) 16時58分

阿部毅一郎さま
いや、お恥ずかしい。「甘いな」とか「青臭いな」と顔をしかめていらっしゃるのではないでしょうか。いろいろと教えていただければ幸いです。

それにしても、充実したホームページですね。

投稿: 斎藤純 | 2008年7月 8日 (火) 07時29分

 早速、私のホームページを覗いていただいたようですね。
ありがとうございます。
 7月12日から南アフリカのケープタウンで開催される、サイクリング・トラック・レースのジュニア世界選手権の観戦などのため、明日旅立ちます。水彩画「アラスカ、自転車ツアー」のコピーを、自転車好きへの配布用に持参します。
 貴著「銀輪の覇者」も、携行するつもりです。

投稿: 阿部毅一郎 | 2008年7月 9日 (水) 21時57分

ありがとうございます。お気をつけて行ってきてください。

投稿: 斎藤純 | 2008年7月10日 (木) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/41690965

この記事へのトラックバック一覧です: 『自転車をめぐる冒険』を読む:

« ヒノテルを聴く | トップページ | 『街もりおか』7月号ができました »