« 小岩井サイクリング | トップページ | モーツァルト:大ミサ曲ハ短調を聴く »

『グーグーだって猫である』を観る

映画『グーグーだって猫である』は名作である。

グーグー(猫)の出番は少ない。
いや、いわゆる動物映画だと思って観ると肩すかしをくう。それでも、グーグーはちゃんと存在感がある。
いい映画だ。心の内で泣いて笑って、笑って泣いた。
大島弓子の世界をうまく映像化している。脚本兼監督の犬童一心に拍手。そして、小泉今日子に脱帽。

以下蛇足。
20数年前、FM岩手にキョンキョンがプロモーションでやってきた。番組終了後、わんこそばを食べることになった。ぼくはアイドルが苦手だったので、K専務に代わって貰った。K専務はサインをもらって喜んでいた。
あのとき、一緒にわんこそばを食べておけばよかった。

|

« 小岩井サイクリング | トップページ | モーツァルト:大ミサ曲ハ短調を聴く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

猫が欲しくなりましたにゃーって私に道でついてくるじゃなきゃいけない。ペットショップじゃヤダ~出会いが大事もheart02

投稿: ジュリア | 2008年9月18日 (木) 17時19分

ジュリアさん>同感です。

投稿: 斎藤純 | 2008年9月19日 (金) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/42496462

この記事へのトラックバック一覧です: 『グーグーだって猫である』を観る:

» 猫に関する記事 [猫カフェ]
最近、ずっと睡眠不足なんですよ。そんであまりにも眠くて昼間に寝ちゃって夜に眠れ... [続きを読む]

受信: 2008年9月17日 (水) 07時33分

« 小岩井サイクリング | トップページ | モーツァルト:大ミサ曲ハ短調を聴く »