« 四六時中ボランティア | トップページ | 盛岡文士劇始動 »

ビバ・イル・チクリッシモ! を読む

あの大友克洋がロードレースファンで、パンターニファンであり、ロードバイク乗りだったとは! ごめんなさい、知りませんでした。

エッセイとジロ・デ・イタリア観戦記を収めた豪華二冊セットで読み応え充分だ。収められたイラスト、文章ともに愉快。
MULTITUDE under the cycle madness (P-Vine BOOks)で汚れた目をきれいに生き返らせてもらった。多謝。

求道的な『まちがいだらけの自転車選び』とは対極に位置する世界の話と言っていいかもしれない。ロードバイク(ビアンキのパンターニ・モデル!)を「チャリ」呼ばわりするんだもの。ある意味、大人の本。

ぼくは大友克洋の決していいファンではない(『アキラ』しか知らない)が、これを読んで深く深く反省した。

|

« 四六時中ボランティア | トップページ | 盛岡文士劇始動 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98499/42617961

この記事へのトラックバック一覧です: ビバ・イル・チクリッシモ! を読む:

« 四六時中ボランティア | トップページ | 盛岡文士劇始動 »